リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

基地局関連メーカ各社の動向 -2009年度上期-

携帯電話基地局動向, 携帯電話基地局数, 3G基地局, 基地局メーカー動向, 基地局工事会社動向, 携帯電話事業者設備投資, 移動体通信市場動向, FOMA基地局数, SoftBank 3G基地局数, 基地局関連メーカ各社の動向

基地局関連メーカ各社の動向 -2009年度上期-

Clip!

~ 09年度上期は6,000億円を投下 通期投資見込みは1.3兆円 ~

  • オススメ

基地局関連メーカ各社の動向 -2009年度上期-

基地局関連メーカ各社の動向 -2009年度上期-

  • 通算15本目となる 『基地局関連メーカ各社の動向』 シリーズ最新版!
  • 2009年度上期を中心とした業界の重要な動向をまとめて把握!
  • 携帯基地局数の国内推移と予測、3G/2G基地局数の地域別推移も!
  • 国内の主要携帯電話事業者におけるポイントとなる動向を網羅!
  • 総務省の動向・基地局関連メーカ・基地局工事会社の動向も!
  • 商品コード: MRP00025

    【資料概要】


    09年度上期は主要事業者3社が投資を縮小
    2009年度上期の設備投資額はNTTドコモが前年同期比6.0%減となる3,162億円、KDDIのau事業は同8.8%減の1,863億円、ソフトバンクモバイルが同6.2%減となる715億円、イー・モバイルは同1.2%増の169億円になった。それに伴い、上期は携帯電話事業者4社合計で同6.8%減となる5,909億円の投資が実施されている。


    また、NTTドコモとKDDIのau事業の投資内訳では、NTTドコモが携帯電話事業へ同8.4%減の2,580億円、そのうち 「FOMA」 には同8.4%減となる2,155億円を投下した。一方、KDDIのau事業はCDMA2000 1xEV-DO方式 (2GHz) へ同42.2%減となる357億円、新800MHz帯には同13.5%増の1,003億円を投下している。


    エムレポートが発刊する 『基地局関連メーカ各社の動向』 シリーズ は、日本国内における携帯電話普及率が未だ50%程度であった2003年から継続して調査・発行されています。基地局関連メーカーの動向をテーマにしたものとして、通算15本目となる確かな実績を誇るレポートです。


    → 基地局関連メーカ各社の動向 -2008年度通期-
    → 基地局関連メーカ各社の動向 -2008年度上期-
    → 基地局関連メーカ各社の動向 -2007年度通期-
    → 基地局関連メーカ各社の動向 -2007年度上期-

    【キーワード】


    ◆ 当面は7,000億円で推移するNTTドコモの投資額!
    「FOMA」 基地局数の拡大も落ち着き、今後5年間はLTE (Long Term Evolution) 向け投資を含めても年間7,000億円程度の水準で推移していく見込みだ。


    ◆ auは2GHzから新800MHz帯へ投資先を移行!
    KDDI (au) が2008年度上期以降、2GHzから新800MHz帯へと設備投資先を移行している。


    ◆ 少ない投資で効率を高めるソフトバンクモバイル!
    「SoftBank 3G」 基地局数の拡大も落ち着き、今後は2,000億円程度の投資額で推移しながら投資効率を高めていく。

    【携帯電話基地局数の推移と予測 (2009~2014年度)】


    09年度上期は前年同期比10%増となった基地局数
    総務省によれば、2009年度上期の携帯電話基地局数は前年同期比9.2%増となる17万5,800局になったという。上期は2008年度通期から6,600局/ヶ所の増加になっている。すでにNTTドコモの 「FOMA」 やソフトバンクモバイルの 「SoftBank 3G」 などのサービス・エリアが完成の域に徹している中、半期で7,000局/ヶ所の増加は堅調に推移したといえる。

    ▼ 目次/図表


      要約
      キーワード
       図 : 携帯電話基地局数の四半期別推移 (2008年3月~2009年9月)
       表 : 携帯電話基地局数の四半期別推移 (2008年3月~2009年9月)

      1 市場概況


     ・ 09年度上期は主要事業者3社が投資を縮小
       図 : 携帯電話事業者4社における設備投資額の半期別推移と予測 (2008~2009年度)

      2 携帯電話基地局数の推移と予測 (2009~2014年度)


     ・ 09年度上期は前年同期比10%増となった基地局数
       図 : 携帯電話基地局数の推移と予測 (2009~2014年度、エムレポート推定)
       表 : 携帯電話基地局数の推移と予測 (2009~2014年度)
       図 : 携帯電話基地局数の半期別累積/純増推移と予測 (2007~2009年度)
       表 : 携帯電話基地局数の半期別累積/純増推移と予測 (2007~2009年度)
       表 : 2009年9月末時点における地域別の携帯電話基地局数
       表 : 併設 (3G/2G) 基地局数の地域別推移 (2009年3月~2009年9月)
       表 : 3G基地局数の地域別推移 (2009年3月~2009年9月)
       表 : 2G基地局数の地域別推移 (2009年3月~2009年9月)
     ・ 09年度上期の4事業者合計投資は前年同期比7%減
       図 : 事業者4社における設備投資額の年度別推移と予測 (2006~2009年度)
       表 : 事業者4社における設備投資額の半期別推移 (2008~2009年度)

      3 携帯電話事業者の動向


     NTTドコモの動向
      ・ 09年度上期の設備投資額は前年同期比6%減
        図 : NTTドコモにおける設備投資額の年度別推移と予測 (2006~2009年度)
        表 : NTTドコモにおける設備投資額の年度別推移と予測 (2006~2009年度)
        図 : NTTドコモにおける設備投資額の半期別推移と予測 (2008~2009年度)
        表 : NTTドコモにおける設備投資額の半期別推移と予測 (2008~2009年度)
        表 : FOMA基地局数の四半期別推移 (2008年3月~2009年9月)
        表 : FOMA IMCS数の四半期別推移 (2008年3月~2009年9月)
      ・ 基地局設置の環境センサーで環境情報を収集
      ・ 09年11月からフェムトセル・サービスを開始
      ・ 09年7月に高性能フェムトセル基地局装置の開発を発表
        表 : 高性能フェムトセル基地局装置のハードウェア仕様
        図 : 高性能フェムトセル基地局装置の外観


     KDDI (au) の動向
      ・ 09年度上期は前年同期比9%減の設備投資を実施したau事業
        図 : au事業における設備投資額の年度別推移と予測 (2007~2009年度)
        表 : au事業における設備投資額の年度別推移と予測 (2007~2009年度)
        図 : au事業における設備投資額の半期別推移 (2008~2009年度)
        表 : au事業における設備投資額の半期別推移と予測 (2008~2009年度)
      ・ 09年12月からau基地局にトライブリッド方式電力制御技術を試験導入
      ・ 09年6月にフレキシブル漏洩同軸ケーブルを開発したKDDI研究所
      ・ 09年7月に組織変更と人事異動を実施
      ・ ようやく明らかになったau基地局数
        表 : au基地局数(屋内外)の推移 (2007~2008年度)


     ソフトバンクモバイルの動向
      ・ 09年度上期の設備投資額は前年同期比6%減
        図 : ソフトバンクモバイルにおける設備投資額の年度別推移と予測 (2006~2009年度)
        表 : ソフトバンクモバイルにおける設備投資額の年度別推移と予測 (2006~2009年度)
        図 : ソフトバンクモバイルにおける設備投資額の半期別推移 (2008~2009年度)
        表 : ソフトバンクモバイルにおける設備投資額の半期別推移 (2008~2009年度)
      ・ 2009年度の設備投資額を増額
      ・ 09年10月に3.9Gシステムに係る四半期報告書を公開
      ・ 09年8月に1.5GHz帯におけるLTEシステムの実験試験局免許を申請
        表 : 福岡県北九州市八幡東区内におけるフィールド実証実験の概要


     イー・モバイルの動向
      ・ 09年度上期の設備投資額は前年同期横ばい
        図 : イー・モバイルにおける設備投資額の年度別推移と予測 (2005~2009年度)
        表 : イー・モバイルにおける設備投資額の年度別推移と予測 (2005~2009年度)
        図 : イー・モバイルにおける設備投資額の半期別推移と予測 (2008~2009年度)
        表 : イー・モバイルにおける設備投資額の半期別推移と予測 (2008~2009年度)
      ・ 09年9月にサービス・エリアを拡大
        表 : 2009年9月1日から9月末までの拡大エリア
        表 : 2009年9月末時点で通信/通話が可能になった施設 (関東/東海/関西)
      ・ 09年7月から9月に首都圏の地下鉄エリアを拡大
        表 : 2009年7月から9月にかけて通信/通話が可能になった東京メトロの地下鉄駅
        表 : 2009年7月から9月にかけて通信/通話が可能になった都営地下鉄の地下鉄駅
        表 : イー・モバイルにおけるサービス・エリアの進捗状況 (屋外/地下鉄駅カバー率)

      4 総務省などの動向


     ・ 09年6月に3.9Gシステム導入のための基地局開設計画を認定
       表 : 申請のあった携帯電話事業者各社による3.9Gシステム導入の開設計画の概要 ~加筆~

      5 基地局メーカの動向


     ・ 09年度上期の基地局生産金額は増加も台数が微減
       表 : 基地局通信装置の生産金額の半期別推移 (2008~2009年度)
       表 : 基地局通信装置の生産台数の半期別推移 (2008~2009年度)


     日本電気 (NEC) の動向
      ・ 上期は事業者各社の投資一巡で減少した売上高
        表 : ネットワークシステム事業の半期別業績推移と予測 (2008~2009年度)
      ・ 09年10月にスペインTelefonicaのLTEトライアル・ベンダに選定
      ・ LTE Forumで世界最小規模のLTE向けコア・ネットワーク・システムを展示
        図 : コンパクトEPC装置の外観
        表 : コンパクトEPC装置の性能要件
      ・ BBWF2009で小型の屋外型LTE基地局を展示
        表 : 展示した小型の屋外型LTE基地局の性能要件など
      ・ 09年9月にベトナムVMSからPASOLINK NEOを受注
      ・ 09年8月にauのLTE基地局装置供給メーカに選定
      ・ 09年7月から組織体制を移行


     その他の動向
      ・ CEATEC JAPANでドコモ向けフェムトセルを展示した三菱電機
      ・ イー・モバイルのHSPA+方式網の拡張契約を獲得したEricsson
      ・ ドコモのLTEにソリューションが採用された仏Alcatel-Lucent
      ・ KDDIのLTE基地局装置メーカに選定されたモトローラ
      ・ 09年6月にLTEラボを開設したファーウェイ・ジャパン

      6 基地局関連メーカの動向


     アンリツの動向
      ・ 上期の計測器事業は事業者の投資抑制が響いて減収
        図 : 計測器事業の半期別業績推移と予測 (2006~2009年度)
        表 : 計測器事業の半期別業績推移と予測 (2008~2009年度)
      ・ LTE向け計測器の販売を本格化

      7 基地局工事会社の動向


     NECネッツエスアイの動向
      ・ 上期は前年同期比14%減となった通信工事事業の売上高
        図 : 通信工事事業の連結売上高の半期別推移と予測 (2006~2009年度)
        表 : 通信工事事業の連結売上高の半期別推移と予測 (2008~2009年度)
      ・ 09年7月品川本社内に安全品質啓発センターを設置
      ・ 親会社のNECとの関連性


     コムシスホールディングスの動向
      ・ 上期は前年同期比16%減となったモバイル部門の売上高
        図 : モバイル部門の連結売上高の半期別推移と予測 (2006~2009年度)
        表 : NTT情報通信エンジニアリング事業の半期別業績推移と予測 (2008~2009年度)
      ・ キャリア系周辺ビジネスへの取り組み
        表 : ドコモ周辺ビジネスの売上高推移と予測 (2008~2010年度)
        表 : ドコモ周辺ビジネスへの取り組み
        表 : NCC周辺ビジネスへの取り組み


      協和エクシオの動向
      ・ 上期は前年同期比22%減となったモバイル部門の売上高
        図 : モバイル部門の単独売上高の半期別推移と予測 (2006~2009年度)
        表 : モバイル部門の単独売上高の半期別推移と予測 (2008~2009年度)
      ・ NTTドコモ向け工事の市場シェアは約30%を獲得
        表 : ドコモ関連の単独売上高の半期別推移と予測 (2008~2009年度)


      大明の動向
      ・ 上期は前年同期比15%減となったモバイルネットワークソリューション
        図 : モバイルネットワークソリューションの連結売上高の半期別推移と予測 (06~09年度)
        表 : モバイルネットワークソリューションの連結売上高の半期別推移と予測 (08~09年度)
        表 : モバイルネットワークソリューションの連結売上高推移と予測 (2004~2009年度)
        表 : 2009年度第2四半期のモバイルネットワークソリューションの売上高内訳
      ・ 09年10月に機構改革を実施

      8 関連リンク


      表 : 関連リンク (五十音順)

    商品名
    基地局関連メーカ各社の動向 -2009年度上期-
    発刊
    2009年12月
    発行
    エムレポート
    調査
    エムレポート
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 42ページ
    販売価格

    報告書 [PDF版]
    53,784 円 (税抜 49,800 円+消費税 3,984 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ