リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

インド携帯電話市場の予測(2008年~2013年)(英文)

インド携帯電話市場, インドモバイル市場シェア, インド携帯電話加入件数, インド通信キャリア, インド通信市場参入キャリア, バーティ・エアテル(Bharti Airtel), タタ・テレサービス(Tata Teleservices), リライアンス(Reliance Communications), インドBSNL, ループ・モバイル(Loop Mobile), インドMTNL, インドSSTL, Aircel(Aircel), ボーダフォン エッサー(Vodafone Essar), イデア セルラー(IDEA Cellular), バージン・モバイル・インディア(Virgin Mobile India), インド携帯市場シェア

インド携帯電話市場の予測(2008年~2013年)(英文)

Clip!

~ Indian Mobile Market Dynamics and Forecast (2008-2013) ~

  • オススメ

インド携帯電話市場の予測(2008年~2013年)(英文)

インド携帯電話市場の予測(2008年~2013年)(英文)

  • 成長著しいインド携帯電話市場の市場分析・市場予測レポート!
  • インド携帯電話市場の技術・周波数・通信料金他、テーマ別に分析!
  • 既存キャリア・新規参入キャリア各社の動向と特色を分析!
  • 各キャリアのイベント・トピックをバリューチェーン別に掲載!
  • インドの通信政策について、規制・政策改革に関する内容も!
  • レポート掲載図表の元データ数表エクセルも!(一部図表を除く)
  • 重要ポイントを豊富な図表でわかりやすく解説!
  • 商品コード: ROA00041

    【資料概要】


    インド携帯電話市場における既存キャリア・新規参入キャリア各社の動向と特色、市場予測など、インド携帯電話市場を徹底分析!


    目覚ましい成長を遂げているインド通信産業であるが、本レポート 『インド携帯電話市場の予測 (2008年~2013年)』 では同国の経済や規制環境、関連プレイヤーの動向などを含む将来的なイベントを考慮し、2013年までのインド携帯電話市場の予測を行っている。またインド移動体通信市場の各キャリアの最新イベントやトピックをバリューチェーン別にまとめ、キャリアの動向と特色についても分析している。


    ※ 当レポートの本文は、すべて英文となっています。
    ※ 記載している図表の元データは、一部を除き、エクセルデータでもご覧いただけます。

    ▼ 『インド携帯電話市場の予測 (2008年~2013年)』 エグゼクティブサマリー


    インド通信産業はここ4年間で、平均成長率64.51%という目覚ましい成長を遂げている。2004年当時の加入件数は4,738万件で、主に高額所得者層を中心に構成されていた。しかし、2007年末には低所得者にとっても携帯電話利用が手の届くものとなり、翌2008年末の加入件数は3億4,131万件まで拡大した。


    同市場には、2008年にバージン・モバイル (Virgin Mobile)、そして2009年にはループ・テレコム (Loop Telecom) など新規事業者が続々参入する一方で、リライアンス (Reliance) やタタ (Tata) などの既存CDMAオペレーターは、2009年にGSMへ移行している。また最近、さらに5つの通信事業者が新規参入を図ったことにより、めざましい成長曲線を描くことが今後予想される。


    加入件数が月平均800~1,000万のペースで増え続けているここ最近の実績データが示す通り、インドの通信事業者に対し絶好の機会が訪れていることが窺える。また、2008年には1億1,200万人以上の加入件数が上乗せされ、普及率は前年の20.31%から29.76%に拡大した。


    [図] インド携帯電話市場予測 (2009年~2013年)
    【図】インド携帯電話市場予測(2009年~2013年)[インド携帯電話市場の予測(2008年~2013年)]


    本報告書では、インド携帯電話市場の加入件数が2013年までに8億6,847万に達し、普及率は69.35%に上昇すると予測している。2008年から2013年までの携帯加入の年平均成長率(CAGR)は、20.54%と推定している。


    通信産業の収益規模は9.91%の市場成長率を示す無線市場と共に、強固な成長基盤を築き上げている。2008年7~9月の第2四半期の収益は73億6,000万USドルに達し、2008年4月には、インドが米国を抜いて世界第2位のワイヤレス市場となった。


    また、新規プレイヤーが廉価な通信費を盾に同国の市場に参入したことで、熾烈な争いが繰り広げられている。また、これを契機として低所得者層にもモバイルサービスの普及を促すこととなった。


    インドはヨーロッパ各国や日本と異なり、GSMとCDMA技術を備えている。政府はまた、3G技術を展開するために門戸を開放すると同時に、NGNバックボーンの開発にも着手している。また、ナンバーポータビリティー (MNP) も政府の検討課題に上がっており、2009年9月末までには実現される見込みだ。インド移動体通信市場において、ここ数年は加入件数だけでなく技術とサービスの面においても、急速な拡大展開が進んでいくであろう。


    キャリアは、自社の技術向上に注力し、数多くの洗練されたサービスの提供に着手している。また、コンテンツサービスにおいても急速な成長が見られ、今後最も利益が見込める分野になると考えられる。


    端末市場は、セグメント化が進んでいると言える。貧富の差が大きい同国において、端末市場も同様に幅広いセグメントが見られる。ローエンド端末が全国的に数多く販売される一方で、ハイエンド端末は主要都市で販売されている。このようにモバイルサービス市場の急成長に伴い、同国の端末市場は魅力的な市場と言える。


    世界的な景気低迷下でさえも、インド経済は2009~2010年で年7%程度の成長率を示す見込みだ。これは国内だけでなく国際的な投資機会を意味する。農業、製造業およびサービス業は、旧来からインド経済を支える欠かすことのできない柱であった。特にサービス業は、同国の急成長をけん引してきた分野であり、2008年にはGDPの約54%を占めている。ITおよび通信は、このようなサービス業の成長をさらに推し進める主要な分野として挙げられる。


    インドが保有する強固な通信基盤は、同国の強い政策の下で管理され、段階的に築き上げられた成長の賜物であると言える。FDIと民営化の許諾を契機とし、フェアプレーと消費者への利益を守るために、政府は1997年にTRAI (Telecom Regulatory Authority of India) と呼ばれる独立した管理機構を設立した。このTRAIは、インドにおける通信ビジネスを管理する役割を担っている。また、TDSATと呼ばれている司法組織も、サービスプロバイダ関連の紛争処理のために設置されている。


    インドは、新興市場の中でモバイルオペレーター数が最も多い国の一つであると言える。また、インド国内プレイヤーの大半は海外投資を受けており、例えばTelekomマレーシアは、約400万件を確保する最も古い移動体通信事業者の一つであるSpice Telecomの約40%の株式を保有し、SingTelは、インド最大のモバイルサービスプロバイダであるBhartiの約30%の株式を保有している。


    同国における地方の加入件数は現在のところ極めて低く、2009年5月時点で約13%あまりである。サービスプロバイダは、次なる成長領域としてインドの地方に目を向けており、政府は地方における通信の成長を促すために、管理機構を設置した。地方のモバイル通信サービス普及率 (teledensity) は、2013年までにおよそ36.25%に達するだろうと見込まれている。

    ▼ 資料目次
      1 エグゼクティブサマリー


      2 インドの概略


      3 インド通信分野概要


      3.1. インド通信分野の興隆
      3.2. インド政府

      4 インドの通信政策


      4.1. 規制および政策改革

      5 インドの地方における携帯通信事情


      5.1. 地方における携帯通信市場分析

      6 インド携帯電話市場分析および予測


      6.1. 携帯電話加入件数の成長予測
      6.2. 携帯電話普及率
      6.3. 技術
      6.4. 周波数割り当て
      6.5. 通信料金分析
      6.6. 月間平均通話時間分析
      6.7. ARPU
      6.8. CAPEX
      6.9. プリペイド/ポストペイド方式

      7 既存キャリアおよび将来予測


      7.1. Bharti Airtel
      7.2. Tata Teleservices
      7.3. Reliance Communication
      7.4. BSNL
      7.5. Loop Mobile (旧BPL Mobile)
      7.6. MTNL
      7.7. Sistema Shyam Teleservices (SSTL)
      7.8. Aircel
      7.9. Vodafone
      7.10. Idea Cellular
      7.11. Ping Mobile (HFCL Infotel Ltd)

      8 新規参入キャリア


      8.1. S Tel
      8.2. Unitech Wireless
      8.3. ByCell Communication
      8.4. Etisalat DB Telecom (formerly Swan Telecom)
      8.5. Datacom Solutions
      8.6. Virgin Mobile India

      9 携帯端末市場


      10 結論


      【図目次】


      [Figure 1] インドの通信サークルおよび主要データ
      [Figure 2] インド通信規制機関の構成
      [Figure 3] 都市部と地方の携帯通信サービス普及率 (Teledencity) 比較
      [Figure 4] 携帯加入件数成長予測 (2004-2013)
      [Figure 5] 携帯通信サービス普及率成長予測 (2004-2013)
      [Figure 6] GSMおよびCDMA 加入件数成長予測 (2004-2013)
      [Figure 7] インドおよび主要各国の携帯通信料金比較
      [Figure 8] GSMおよびCDMAの月間平均通話時間分析 (2007-2008)
      [Figure 9] GSMおよびCDMAのARPU予測 (2004-2013)
      [Figure 10] CAPEX 成長予測 (2004-2013)
      [Figure 11] プリペイドおよびポストペイド方式利用者予測 (2004-2013)
      [Figure 12] Bharti Airtelの主要イベント
      [Figure 13] Tata Teleservices の主要イベント
      [Figure 14] Reliance Communication の主要イベント
      [Figure 15] BSNLの主要イベント
      [Figure 16] Loop Mobile の主要イベント
      [Figure 17] MTNLの主要イベント
      [Figure 18] SSTLの主要イベント
      [Figure 19] Aircelの主要イベント
      [Figure 20] Vodafoneの主要イベント
      [Figure 21] Idea Cellularの主要イベント
      [Figure 22] 各サークルにおける新規オペレーターの存在
      [Figure 23] インドにおける端末流通チャネル
      [Figure 24] グレー・マーケット/違法流通端末

      【表目次】


      [Table 1] インドおよび近隣諸国のGDP比較 (2006-2008)
      [Table 2] 主要なインド通信管轄機関
      [Table 3] その他主要なインド非営利組織
      [Table 4] インド通信キャリアの外国直接投資 (FDI) 事例
      [Table 5] 政策の変遷
      [Table 6] 地方展開推進のためのキャリアによる研究機関との提携
      [Table 7] インド携帯電話市場データ (FY2007-FY2008)

    商品名
    インド携帯電話市場の予測(2008年~2013年)(英文)
    発刊
    2009年09月
    発行
    株式会社 ROA Group
    調査
    株式会社 ROA Group
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 92ページ
    特典
    [PDF版] 及び [PDF版+印刷版] には、掲載図表の元データが収録されたエクセルデータが付属します。(一部データ除く)
    備考
    PDF 及び Excel には、コピー・データ加工防止のため、データに保護がかかっております。
    ※ 当レポートの本文は、すべて英文です。
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    194,400 円 (税抜 180,000 円+消費税 14,400 円)
    報告書 [PDF版]
    226,800 円 (税抜 210,000 円+消費税 16,800 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    230,040 円 (税抜 213,000 円+消費税 17,040 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる


    オススメ商品

    インド携帯電話市場の予測

    インド携帯電話市場の予測

    価格(税込) 194,400~230,040 円

    フィリピン移動体通信市場の予測

    フィリピン移動体通信市場の予測

    価格(税込) 75,600~78,840 円

    グローバル携帯端末のUIトレンド分析

    グローバル携帯端末のUIトレンド分析

    価格(税込) 102,600~105,840 円


    このページのTOPへ