リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

ネットブック市場の展望と課題

ネットブック市場規模, ネットブック市場予測, ミニノートパソコン市場, 低価格パソコン市場, ネットブックメーカー動向, ネットブックメーカー動向, ネットブックOS, スマートフォン市場, UMPC市場, MID市場, モバイルインターネット端末市場, ネットブック比較

ネットブック市場の展望と課題

Clip!

~ スマートフォン/MIDとの競合 ~

  • オススメ

ネットブック市場の展望と課題

ネットブック市場の展望と課題

  • 2013年までの日本国内におけるネットブック市場規模を予測!
  • スマートフォン/UMPC/MIDなど周辺市場との関連性から分析!
  • 周辺カテゴリーを考慮に入れ、市場ポジショニング・市場成長性にも言及!
  • 主要ネットブックメーカーのスペック/価格ポジショニングを比較!
  • 主要メーカーごとの基本情報・戦略に関する内容も収録!
  • 重要ポイントを豊富な図表でわかりやすく解説!
  • 商品コード: ROA00038

    【資料概要】


    ネットブック市場をスマートフォン市場・モバイルインターネット端末市場から分析!主要ネットブックメーカーの比較も!


    国内外のプレイヤーが揃って参入を果たしたネットブック市場であるが、はたして一過性の市場であろうか。それとも今後も高い成長が期待できる市場となるであろうか。これらの疑問に応えるべく市場規模の予想を試みたのが、本レポート 『ネットブック市場の展望と課題』 の基本的な趣旨である。


    なお、ネットブック市場を中心に分析を試みる一方で、ネットブックの周辺カテゴリーが、今後どのように統廃合の道をたどるかという点についても言及しつつ、特にスマートフォンとMIDの融合という視点も加えながらネットブック市場について分析を行っている。

    ▼ 『ネットブック市場の展望と課題』 エグゼクティブサマリー


    Eee PCに端を発したネットブック旋風は2008年に日本市場を席巻し、海外メーカーだけでなく国内メーカーの重い腰も上げさせた。その低価格性がユーザーを魅了したのは疑いもないが、その背景には通信サービスとのバンドルによる100円PCの登場やAtomチップの登場、廉価なウィンドウズXPの搭載が可能であった点などが主な要因として挙げられる。


    国内外のプレイヤーが揃って参入を果たしたこのネットブック市場は、はたして一過性の市場であろうか。それとも今後も高い成長が期待できる市場となるであろうか。これらの疑問に応えるべく市場規模の予想を試みたのが本レポートの基本的な趣旨である。


    ただし、草莽期であるネットブック市場の今後の市場規模を予測する場合、数多くの不確定変数を考慮する必要に加え、どうしても避けては通れないのが、ネットブックに類似する他の通信端末カテゴリーの存在である。数年前からマイクロソフトが提唱しているUMPCや最近特にインテルが唱えるMIDなど、いわゆる携帯電話機とパソコンの間のモバイル市場を埋めるカテゴリー分野が乱立しており、これらの趨勢を考慮しなければネットブックの将来像もまた見えてこないのである。


    従って本レポートでは、ネットブック市場を中心に分析を試みる一方で、ネットブックの周辺カテゴリーが今後どのように統廃合の道をたどるかという点についても言及しつつ、特にスマートフォンとMIDの融合という視点も加えながらネットブック市場について分析した。


    [図] 日本国内におけるネットブック市場規模予測 (2009年~2013年)
    【図】日本国内におけるネットブック市場規模予測(2009年~2013年)[ネットブック市場の展望と課題]


    <市場成長要因>


    ・ 2年間の通信サービス後における100円PCの買い替え需要は今後も継続される
    ・ ウィンドウズ7のネットブック搭載は引き続きユーザーの訴求点となる
    ・ 多様な通信サービスや料金体系が登場し、利用に合わせた多様なプランが選択できる
    ・ Linuxベースの廉価製品も登場し、アーリーアダプター層を中心に注目を集める


    <成長阻害要因>


    ・ ウィンドウズ7搭載ネットブックの制限機能がユーザー層の不興を買う可能性
    ・ ウィンドウズ7搭載ネットブックとオフィス系アプリケーションを組み合わせた価格体系やサービス体系が法人市場の需要にマッチしない可能性
    ・ スマートフォンの高機能化およびUI機能の革新に伴い、ネットブック市場からスマートフォン市場への流入の可能性


    スマートフォンやMIDの市場規模予測については、2008年10月に発刊された 『日本モバイルインターネット端末市場分析』 を参照している。その他、業界関係者のヒヤリングを基に独自の分析に基づいて市場成長性を推測してみた。本レポートが、携帯電話とパソコンの間を埋めるモバイル端末の動向に対するヒントとなれば幸いである。

    ▼ 資料目次


      ・ エグゼクティブサマリー

      1 ネットブック概要


      1-1 ネットブックの定義
      1-2 市場創出ドライバ
      1-3 スペック分析

      2 ネットブック市場分析


      2-1 市場ポジショニング
      2-2 企業の戦略方向性
      2-3 今後のロードマップ

      3 関連各社の取り組み


      3-1 エイサー
      3-2 ASUSTeK
      3-3 デル
      3-4 東芝
      3-5 NEC
      3-6 富士通
      3-7 ソニー
      3-8 企業戦略ポジショニング

      4 市場成長性


      4-1 市場規模
      4-2 将来性

      5 インプリケーション


      【図目次】


      [図1-1] ネットブックの概要定義
      [図1-2] 2台目市場としてのネットブック
      [図1-3] ネットブックの市場創出ドライバ
      [図1-4] ネットブックを含む商品分類のスペック概要
      [図1-5] ネットブックのスペック定義
      [図2-1] ネットブックの価格ポジショニング1
      [図2-2] ネットブックの価格ポジショニング2
      [図2-3] ネットブック市場への参入をめぐる各陣営
      [図2-4] ネットブック分野を巡る今後の方向性
      [図2-5] ネットブックを巡るプレイヤーの戦略方向性
      [図2-6] Atomチップ
      [図2-7] インテルのAtom戦略
      [図2-8] iPhone/iPod LED Projector
      [図2-9] 日本移動体通信ネットワークに関するロードマップ
      [図2-10] ネットブックを巡る周辺分野のロードマップ予測
      [図3-1] エイサーのスマートフォンTEMPOシリーズ
      [図3-2] Garmin提携スマートフォンnuvifone G60
      [図3-3] デルのネットブック Inspiron Mini 10
      [図3-4] 東芝 dynabook UK
      [図3-5] NEC LaVie Light
      [図3-6] 富士通 LOOX M
      [図3-7] ソニー VAIO type P
      [図3-8] ソニー VAIO type W
      [図3-9] メーカーの戦略ポジショニング
      [図4-1] 日本国内におけるネットブック市場規模予測 (2009年~2013年)
      [図5-1] NECのLui技術 - リモートスクリーンテクノロジ
      [図5-2] LaVie Light Luiモデル

      【表目次】


      [表1-1] 海外主要ネットブックメーカーの代表モデルスペック
      [表1-2] 国内主要ネットブックメーカーの代表モデルスペック
      [表3-1] 日本エイサーのネットブック基本情報および戦略
      [表3-2] アスース・ジャパンのネットブック基本情報および戦略
      [表3-3] デルのネットブック基本情報および戦略
      [表3-4] 東芝のネットブック基本情報および戦略
      [表3-5] NECのネットブック基本情報および戦略
      [表3-6] 富士通のネットブック基本情報および戦略
      [表3-7] ソニーのネットブック基本情報および戦略

    商品名
    ネットブック市場の展望と課題
    発刊
    2009年07月
    発行
    株式会社 ROA Group
    調査
    株式会社 ROA Group
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 72ページ
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書 [PDF版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    105,840 円 (税抜 98,000 円+消費税 7,840 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる


    オススメ商品

    日本モバイルインターネット端末市場分析

    日本モバイルインターネット端末市場分析

    価格(税込) 102,600~105,840 円

    日本スマートフォン市場分析

    日本スマートフォン市場分析

    価格(税込) 102,600~105,840 円

    グローバル携帯端末のUIトレンド分析

    グローバル携帯端末のUIトレンド分析

    価格(税込) 102,600~105,840 円

    日本テレマティクス市場展望

    日本テレマティクス市場展望

    価格(税込) 102,600~105,840 円


    このページのTOPへ