リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

携帯G空間サービスの展望と課題

次世代LBS市場, 位置情報サービス技術動向, 拡張現実ARサービス, 位置情報サービス市場, LBS市場規模, 三次元LBSサービス, G空間サービス, G空間プロジェクト

携帯G空間サービスの展望と課題

Clip!

~ 拡張現実で次世代LBSへ ~

  • オススメ

携帯G空間サービスの展望と課題

携帯G空間サービスの展望と課題

  • 次世代LBS(位置情報サービス)"G空間サービス" をテーマに!
  • G空間の定義・活用範囲・技術などサービスの概要から解説!
  • G空間サービスの2015年までの市場規模を予測!
  • 市場規模・市場成長性予測は、B2C/B2Bの両サイドから考慮!
  • 携帯G空間サービスのビジネスモデルを分析!
  • 関連各社の現状の取り組み事例についても収録!
  • 重要ポイントを豊富な図表でわかりやすく解説!
  • 商品コード: ROA00036

    【資料概要】


    次世代LBS (Location Based Services / 位置情報サービス) と目されるG空間サービスの可能性を探る!


    拡張現実 (AR) が、にわかに現実味を帯びてきた。すでに特定用途向けやイベント会場、特定施設内など限定的なサービスは登場しており、今後は一般環境向けの様々なサービス案も活発に議論され始めている。


    これらの状況を鑑み、本レポート 『携帯G空間サービスの展望と課題』 では携帯電話機をゲートウエイ (GW) とした次世代LBS (Location Based Services / 位置情報サービス) と目されるG空間サービスの可能性について、特に有識者の意見や関係者への取材を通して分析を行っている。

    ▼ 『携帯G空間サービスの展望と課題』 エグゼクティブサマリー


    映画やSFの世界では当たり前の拡張現実 (AR) が、にわかに現実味を帯びてきた。すでに特定用途向けやイベント会場、特定施設内など限定的なサービスは登場しており、今後は一般環境向けの様々なサービス案も活発に議論され始めている。


    その議論を活発化させている背景にあるのが、最近特に高機能化が進んでいる携帯電話機の有効利用である。国民一人一台が携行するこのデバイスには、スマートフォンも含めてほぼすべての機種にカメラが内蔵されており、各種の高機能センサーも搭載され始めている。ユーザーの正確な位置測位が大前提となる拡張現実において、デバイスの機能向上だけでなく、測位支援のためのインフラ技術やアイデアなども出ている。おそらく、近い未来に拡張現実が商用化されるとしたら、出歩くモバイルユーザーの利用するデバイスは特別用途でHMD、もしくは一般ユーザー向けサービスに携帯電話機が最有力候補となるだろう。


    これらの状況を鑑み、ROA Groupでは携帯電話機をゲートウエイ (GW) とした次世代LBSと目されるG空間サービスの可能性について、特に有識者の意見や関係者への取材を通して分析を試みてみた。G空間サービスという名称は経済産業省のプロジェクトからあやかっているが、政府内では共通言語として定着しているため、本レポートでもG空間サービスという用語を使う。


    G空間サービスと拡張現実の関係は、三次元LBSサービスとそのユーザーインターフェイス (UI) の関係であると解することができる。その他にも、G空間サービスを可能にするための多くの支援技術が議論されている。


    [図] 携帯電話機を活用したG空間サービス技術分野
    【図】携帯電話機を活用したG空間サービス技術分野[携帯G空間サービスの展望と課題]


    G空間サービスを構成する主要技術やインフラ整備、(三次元) 地図関連情報だけでも、その技術の複雑さや事業の規模感は現在のLBSの比ではない。そのため、おそらくLBS市場のようにキャリア主導やサードパーティによる雨後の筍のプレイヤーがシェアを争う構図とはなりにくい。むしろ、社会インフラとして発展していくG空間サービスを考えた場合、キャリア5社の提携によるジョイントベンチャー、もしくはそれ以上の他産業を巻き込んだコンソーシアム規模、あるいは政府主導による単一の基盤形成が現実的ではあるまいか。


    本レポートでは、G空間サービスを全く新規の市場と捉えてはいない。むしろ、これまでのLBSやエージェント型サービスなどの各種情報系サービスにおいて、さらにUIを直観的に洗練化させて利便性を高めることで、市場のパイの拡大化を図れる市場である。これらを前提に、先般発刊された 『携帯ライフログ・ビジネスの展望と課題』 の条件設定を参照しながら市場予測を試みた。

    【調査手法】


    市場規模の予測においては、下記項目を主に主要変数と捉え、独自に保有するデータベースや公官庁の公表数値などを参考にしながら推測値を設定し、最終的にはロードマップなどを加味しながら市場規模を概算した。


    B2Cサイド
    ・ 携帯でのエージェント型サービスやLBS利用者数のうち、相当数が順次発展形であるG空間サービスに移行すると仮定 (ただし、端末側の技術革新が必要であるため、端末買い替えサイクルを考慮)
    ・ その前提において、G空間サービスの新規ユーザーの増加分を考慮して市場規模の上乗せを試みた


    B2Bサイド
    ・ モバイル広告市場の市場予測をベースにエージェント型サービスの広告市場を予測
    ・ モバイル広告関連の市場規模も緩やかながらLBSやエージェント型サービスに移行し、そして拡張現実が取り入れられればG空間サービスへと移行するモデルを想定


    [図] G空間サービスの2015年までの市場規模予測 (2009~2015年)
    【図】G空間サービスの2015年までの市場規模予測(2009~2015年) [携帯G空間サービスの展望と課題]


    LBSやエージェント型サービスの発展形としてのG空間サービスの位置付けであれば、新規市場規模としての大きな可能性は期待できない。しかし、G空間サービスやそれに付随する拡張仮想や拡張現実感の直観型UIの分野は、各産業を横つながりで巻き込むユビキタス社会の共通基盤として大きく発展していくことになる。その中において、多くの事業モデルやビジネスのチャンスが生まれてくる可能性は大いに期待できるだろう。


    本レポートでも、新規市場の規模拡大の潜在性や新技術の分析という視点よりも、今後は携帯電話という限られたハードウエアを超えた直観的なソフトウエアのUIをベースに、色々な事業機会の可能性に焦点を当てて分析を試みた点をご理解いただきたい。

    ▼ 資料目次


      ・ エグゼクティブサマリー

      1 G空間サービス概要


      1-1 G空間の定義
      1-2 G空間活用範囲
      1-3 経済産業省のG空間プロジェクト
      1-4 G空間と携帯電話の融合可能性
      1-5 G空間サービス支援技術
       1-5-1 インフラ系技術
       1-5-2 UI・デバイス系技術

      2 UI技術概要


      2-1 MR定義
      2-2 Augmented Virtuality のUI可能性
      2-3 Augmented Reality のUI可能性

      3 ビジネスモデル分析


      3-1 バリューチェーン
      3-2 携帯G空間サービスビジネスモデル
      3-3 拡張現実のインターネット化の問題
      3-4 ロードマップ

      4 関連各社の現状取り組み


      4-1 NECマグナスコミュニケーションズ
      4-2 KDDI
      4-3 NTTドコモ
      4-4 ソフトバンクグループ
      4-5 大日本印刷

      5 市場成長性


      5-1 市場規模
      5-2 将来性

      6 インプリケーション


      【図目次】


      [図1-1] G空間プロジェクトにおける地理空間情報の定義
      [図1-2] LBSとG空間の情報量の相違
      [図1-3] 衛星測位を電波で補正するDGPS/位置情報取得イメージ
      [図1-4] G空間サービスのビジネスモデル例
      [図1-5] 2013年におけるG空間サービスの市場予測 (2008年、2013年)
      [図1-6] 携帯電話機を活用したG空間サービス技術分野
      [図1-7] 準天頂衛星による衛星移動通信システム
      [図1-8] 可視光通信の基本原理
      [図1-9] IMESの概要
      [図2-1] 複合現実における拡張現実と拡張仮想の関係
      [図2-2] 3Gデータにおける複合現実のポジショニング
      [図2-3] 現実性の高い3Dコンテンツ例
      [図2-4] マイクロソフトのLive search地図検索3D
      [図2-5] セカイカメラの利用イメージ
      [図2-6] ARToolkitのマーカーとその利用例
      [図2-7] Fallen SREngineにおけるシーン識別例
      [図3-1] G空間サービスの想定されるバリューチェーン分析
      [図3-2] G空間サービスのビジネスモデル例
      [図3-3] 拡張現実のインターネット化の可能性
      [図3-4] G空間サービスの推定ロードマップ
      [図4-1] ポインティングアクセスプラットフォームを使った3D画像上での検索イメージ
      [図4-2] 実空間透視ケータイ
      [図4-3] メガネ型ディスプレイを使った拡張現実の活用法
      [図4-4] テーブルをディスプレイにしてカタログを表示する例
      [図4-5] 手元のノートをディスプレイにして動画を視聴する例
      [図4-6] メガネ型ディスプレイを使った入力例
      [図4-7] 拡張現実を使った大日本印刷のルートガイドの例
      [図5-1] G空間サービスの2015年までの市場規模予測 (2009~2015年)

      【表目次】


      [表1-1] LBSの活用範囲

    商品名
    携帯G空間サービスの展望と課題
    発刊
    2009年05月
    発行
    株式会社 ROA Group
    調査
    株式会社 ROA Group
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 75ページ
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書 [PDF版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    105,840 円 (税抜 98,000 円+消費税 7,840 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる


    オススメ商品

    日本位置情報サービス(LBS)の動向と展望

    日本位置情報サービス(LBS)の動向と展望

    価格(税込) 102,600~105,840 円

    グローバル携帯端末のUIトレンド分析

    グローバル携帯端末のUIトレンド分析

    価格(税込) 102,600~105,840 円

    人体通信技術の現状と展望

    人体通信技術の現状と展望

    価格(税込) 102,600~105,840 円

    国内外モバイル広告市場の現況と展望

    国内外モバイル広告市場の現況と展望

    価格(税込) 102,600~105,840 円


    このページのTOPへ