モバイル電子マネー市場の現状とNFCが招く市場変革 / 業界動向・市場分析・消費者調査~マーケティングデータ&業界分析レポートSurveyReport

リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

モバイル電子マネー市場の現状とNFCが招く市場変革

電子マネー市場シェア, モバイル電子マネー市場, NFC商用化影響, NFC技術動向, 近距離無線通信, 電子マネーICチップメーカー, 非接触ICカード市場, イオンリテールWAON, セブン&アイnanaco

モバイル電子マネー市場の現状とNFCが招く市場変革

Clip!

~ NFCが日本モバイル電子マネー市場に与える影響とは ~

  • オススメ

モバイル電子マネー市場の現状とNFCが招く市場変革

モバイル電子マネー市場の現状とNFCが招く市場変革

  • 日本国内・海外におけるモバイル電子マネーの現況をレポート!
  • ヨーロッパ・北米市場におけるモバイル電子マネーの現況も掲載!
  • 電子マネー市場を、市場構造・主要事業者ごとに分析!
  • 次世代モバイル電子マネー技術NFCの現況と動向を詳説!
  • NFC導入による日本モバイル電子マネー市場の展望と予測も!
  • 重要ポイントを豊富な図表でわかりやすく解説!
  • 商品コード: ROA00035

    【資料概要】


    NFC (Near Field Communication/近距離無線通信) の商用化が及ぼすモバイル電子マネー市場と携帯電話産業の市場変動・市場予測!


    今や日本のモバイル電子マネーの普及は、世界最高レベルだといっても過言ではない状況の中で、NFC (Near Field Communication/近距離無線通信) 商用化がヨーロッパ市場を基点として世界的に拡大する可能性を示している。


    本レポート 『モバイル電子マネー市場の現状とNFCが招く市場変革』 では、国内・海外におけるモバイル電子マネーの現況、及び、NFC技術の進行状況を調査すると共に、FeliCa技術を中心とする日本のモバイル電子マネー市場は今後どのように変化していくのか、そしてNFCが日本モバイル電子マネー市場と携帯電話産業にどのような影響を及ぼすのかについて分析を試みている。

    ▼ 『モバイル電子マネー市場の現状とNFCが招く市場変革』 エグゼクティブサマリー


    2001年にEdyおよびSuicaのサービス提供がはじまり、日本の非接触ICカードを活用した電子マネーの時代が幕を開けた。2004年には端末を活用した電子マネーサービスにまで拡大し、今や日本のモバイル電子マネーの普及は世界最高レベルだといっても過言ではない。NTTドコモ、au、ソフトバンクとディズニー・モバイルの各キャリアでモバイルFeliCa (おサイフケータイ) サービスが提供されており、2009年2月下旬からはウィルコムもおサイフケータイサービスの提供を開始した。


    EdyとSuicaが日本国内の非接触ICカードの1、2位をそれぞれ独占し、市場への影響力を拡大する中、各社のモバイルサービスも目覚ましく普及拡大している状況である。また、近頃新たに国内外流通業者である株式会社セブン&アイ・ホールディングスが発売したnanacoと、イオンリテール株式会社が提供するWAONが注目され始めている。両社は類似したビジネスモデルを保有し、電子マネー市場にまでその影響力を拡大させている。2009年には上位電子マネー事業者の勢力拡大、電子マネー事業者間の協力関係の深化、流通業界電子マネー事業者間の競争激化が予想される。


    また、モバイル電子マネーサービスを含む端末を活用したデータ転送、スマートポスター等を含む幅広いサービスの潜在力を秘めた非接触ICカードの標準技術であるNFCが世界的に注目を集めている。2005年頃から全世界を対象に実証実験が行われており、ドイツではNFCを活用したサービスがすでに提供されている。NFC商用化がヨーロッパ市場を基点として世界的に拡大する可能性を見せている中で、本レポートではNFCがどの程度普及しているのか、FeliCa技術を中心とする日本のモバイル電子マネー市場は今後どのように変化していくのか、そして日本モバイル電子マネー市場と携帯電話産業にどのような影響を及ぼすのかについて分析を試みた。


    NFCは日本市場でもトライアル段階にあるが、2012年には日本でもNFCに対応した端末がリリースされるものと予想される。NFCの影響力を勘案し、日本モバイル電子マネー市場を予測したものが、下図である。


    [図] NFC導入による日本国内モバイル電子マネー市場予測 (2004~2015年)
    【図】NFC導入による日本国内モバイル電子マネー市場予測(2004~2015年)[モバイル電子マネー市場の現状とNFCが招く市場変革]


    <Assumption>
     - NFCは幅広いサービス潜在力を秘め、ユーザー満足度はFeliCaより高いと予想
     - NFCはFeliCaのハードウエアインフラも含む領域にまで普及していくことが予想され、普及率は FeliCaを超える見込み
     - 小額決済をはじめとし、ユーザーの現金決済サービスの需要は減少することが見込まれ、モバイル電子マネーサービスと関連した機能を含めた、進化したモバイルサービスの需要は拡大すると推測
     - 日本国内の年間端末出荷台数は減少傾向となるものの、出荷された端末のうちモバイル電子マネー機能を搭載した端末の比率は増加すると予想
     - NFC関連セキュリティ問題は、現在の技術水準で補完可能と推測


    <レポートアプローチ >


    本レポートの主題はモバイル電子マネーに設定されているが、モバイル電子マネーの方向性に重点を置くというより、電子マネー市場全体の方向性を提示するレポートとなっている。現代の移動通信技術の発展と端末のインテリジェンス化の影響が電子マネー市場にまで波及し、電子マネー市場の中心がモバイルへと移行する傾向が見られる。端末を前提とする次世代電子マネー技術もまた、継続的に拡大している状況である。このような状況を考慮し、モバイル電子マネーを電子マネー市場と区別するのではなく、一つの市場として定義し分析する必要があると思われる。


    <購読対象>


    本レポートは、電子マネー事業者やキャリア、そして特にモバイル電子マネー産業に従事する主要事業者に提示するガイドラインである。また、NFC技術が及ぼす影響について疑問点をもつ事業者や、その他電子マネー市場への進出や、既存事業への導入を考える事業者にとっても参考資料となることを期待する。

    ▼ 資料目次


      ・ エグゼクティブサマリー

      1 モバイル電子マネーの定義


      1-1 モバイル電子マネーとは

      2 決済市場に新たに浮上するモバイル電子マネー


      2-1 海外におけるモバイル電子マネーの現況
       2-1-1 ヨーロッパ
       2-1-2 北米
       2-1-3 アジア・太平洋地域
      2-2 日本国内におけるモバイル電子マネーの現況
       2-2-1 モバイル電子マネーの経緯
       2-2-2 大衆化した電子マネーEdyとSuica

      3 電子マネー市場の構造


      3-1 ICチップメーカー
      3-2 ハードウエアメーカー
       3-2-1 おサイフケータイの製造状況
       3-2-2 リーダー/ライターメーカーの状況
      3-3 ソリューション&アプリケーション事業者
      3-4 サービス関連事業者
       3-4-1 キャリア
       3-4-2 モバイルペイメント事業者
       3-4-3 電子マネー事業者
        3-4-3-1 Edy
        3-4-3-2 交通機関関連
        3-4-3-3 流通関連

      4 主要事業者の戦略


      4-1 ICチップメーカー
      4-2 ハードウエア事業者
      4-3 ソリューション&アプリケーション事業者
       4-3-1 ビジネスモデルの拡大
       4-3-2 モバイル電子マネーソリューションとアプリケーションのグローバル化
      4-4 サービス関連事業者
       4-4-1 キャリア
       4-4-2 電子マネー事業者

      5 次世代モバイル電子マネー技術NFC


      5-1 NFCの定義と市場状況
       5-1-1 NFCの定義
       5-1-2 海外でのNFC技術の進行状況
        5-1-2-1 ヨーロッパ
        5-1-2-2 北米
        5-1-2-3 アジア・太平洋地域
       5-1-3 日本国内のNFC実証実験
      5-2 NFCが日本市場に及ぼす影響
       5-2-1 市場構造への影響
       5-2-2 モバイル産業に与える影響

      6 モバイル電子マネー市場の展望と予測


      6-1 NFC導入による日本モバイル電子マネー市場の予測

      7 インプリケーション


      8 APPENDIX : NFC Forum主要メンバー企業


      【図目次】


      [図1-1] モバイル電子マネー市場のエコシステム
      [図2-1] ヨーロッパの主要電子マネー
      [図2-2] ヨーロッパの主な非接触IC交通カード
      [図2-3] アジア主要モバイル非接触交通ICカード
      [図2-4] 多様化する香港 「Octopus」 の商品事例
      [図2-5] 韓国USIMに搭載したモバイル決済サービス
      [図2-6] おサイフケータイ端末および登録者の割合 (2008年6月)
      [図2-7] 日本国内の主要電子マネーのタイムライン
      [図2-8] 日本国内主要6社のプリペイド式電子マネー市場推移 (2007年8月~2008年8月)
      [図2-9] 日本国内主要4社のポストペイ式電子マネー市場推移 (2007年8月~2008年8月)
      [図2-10] プリペイド式電子マネーの市場シェア (2008年8月)
      [図3-1] 13.56MHz帯を含む主要RFIDの比較
      [図3-2] 世界主要国別UHF帯周波数
      [図3-3] モバイル電子マネー市場のバリューチェーン
      [図3-4] ソニー製非接触ICカードの比較
      [図3-5] 日本国内3大キャリアのおサイフケータイ端末メーカーの割合 (2009年3月)
      [図3-6] モバイル電子マネー市場のマルチプレイヤー
      [図3-7] ソニー製主要リーダー/ライターの機能比較
      [図3-8] おサイフケータイのサービス範囲
      [図3-9] クレジットカード3社のモバイル電子マネーサービス
      [図3-10] Edyのサービス領域分析
      [図3-11] Edyの発行数と利用件数の分析 (2007年8月、2008年8月)
      [図3-12] JR東日本Suicaサービスの種類と分析
      [図3-13] nanacoとWAONのサービス比較
      [図4-1] クレジットカード領域に拡大するNTTドコモ
      [図4-2] 日本主要コンビニエンスストアにおける電子マネーサービス展開状況
      [図5-1] Felicaの拡張規格NFCとその用途
      [図5-2] 海外におけるNFC実証実験ロードマップ
      [図5-3] 世界NFC搭載端末の比較
      [図5-4] RMVのNFC対応サービス 「HandyTicket」 のサービス事例
      [図5-5] RMV 「HandyTicket」 の端末上のサービスフロー
      [図5-6] 米国のNFC 実証実験事例
      [図5-7] 日本国内のNFC実証実験ロードマップ
      [図5-8] NFCによるモバイル電子マネー市場の変化
      [図5-9] NFCが招く市場変動
      [図6-1] NFC導入による日本国内モバイル電子マネー市場予測 (2004~2015年)
      [図7-1] NFCタグが悪用される事例

      【表目次】


      [表2-1] 日本国内の主要電子マネー (プリペイド式・ポストペイ式)

    商品名
    モバイル電子マネー市場の現状とNFCが招く市場変革
    発刊
    2009年03月
    発行
    株式会社 ROA Group
    調査
    株式会社 ROA Group
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 85ページ
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書 [PDF版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    105,840 円 (税抜 98,000 円+消費税 7,840 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ