リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

日本IPTVサービスの市場展望

IPTV契約件数, IPTVサービス市場, IPTV市場規模, IPTV標準化, ひかりTV, ひかりone TVサービス, BBTV

日本IPTVサービスの市場展望

Clip!

~ 今後急速な普及が期待される日本国内のIPTVサービス市場を探る ~

  • オススメ

日本IPTVサービスの市場展望

日本IPTVサービスの市場展望

  • 2012年までの日本国内IPTVサービスの市場規模を予測!
  • IPTVの技術動向と標準化政策に関する内容も掲載!
  • プレイヤーの動向分析をジャンル・サービスごとに詳細に掲載!
  • IPTVサービスの成長要因分析・IPTVの成功課題を分析!
  • IPTVサービスのビジネスモデル・ビジネス戦略も!
  • 重要ポイントを豊富な図表でわかりやすく解説!
  • 商品コード: ROA00027

    【資料概要】


    IPTV契約件数の拡大は2009年から本格化!2012年には300万件を突破すると予想!


    日本を含めた世界各国でIPTVサービスが提供されている現在、2008年の日本のIPTV契約件数は40万件に達する見込みであるが、まだ市場としては初期段階である。しかし、2009年から本格的に全国主要都市にサービスが拡大すると見られ、2012年には300万件を突破すると予想する。なおこの数値は、FTTH契約件数の約1割を占めると見られる。


    本レポート 『日本IPTVサービスの市場展望』 では、日本IPTVサービス市場における各プレイヤーの動向を探ると共に、今後の市場規模を予測している。

    ▼ 『日本IPTVサービスの市場展望』 エグゼクティブサマリー


    最近、日本を含めた世界各国で、様々な映像コンテンツを自由に視聴できるIPTVサービスが提供されており、今後急速な普及が期待されている。IPTVとは、Internet Protocol TVの略語で、分類体系によって様々な定義が存在するが、ROA Groupでは、『Closed IP Network (閉域網) で伝送された映像サービスを、STBを利用しTV受像機で視聴するサービス』 と定義する。つまり、IPによる伝送方式のため CATVとは異なるサービスで、オープンインターネット網を利用するインターネットTVも本定義から除外される。日本国内では、NTTぷららの 「ひかり TV」、KDDIの 「ひかりone TVサービス」、BBケーブルの 「BBTV」 などが主要IPTVサービス提供事業者として挙げられる。


    日本のIPTV契約件数は、2007年3月時点では17万2,000件であったが、2008年には約40万件に達すると予想される。しかし、市場規模としてはまだ小さく初期段階である。なお2009年からは、本格的に全国主要都市にサービスが拡大されると見られ、2012年には300万件を突破すると予想される。なおこの数値は、FTTH契約件数の約1割を占めると見られる。


    [図] 日本におけるIPTV契約件数の成長予測 (2008~2012年)
    【図】日本におけるIPTV契約件数の成長予測[日本IPTVサービスの市場展望]


    なお、IPTVサービスで使われている機器については、独自仕様なものが多く、相互互換が提供される状況には至っていない。そのため、これを標準化しようとする動きがITUにおいて国際的に展開され、日本でもIPTVフォーラムが標準化規定の作成を進めている。このようにIPTVの技術動向や標準化に関して、現在は政策的な動向に注目が集まっている状況である。


    本レポートでは、日本IPTVサービス市場の動向を探ると同時に、2012年までのIPTVサービスの市場規模を予測している。また、合わせてサービス普及に向けた今後の課題についても提言を示している。

    ▼ 資料目次


      ・ エグゼクティブサマリー

      1 IPTVの概要


      1-1 IPTVの定義 - 「IPTV」 とは
      1-2 IPTVの分類
      1-3 IPTVの登場背景
      1-4 IPTVの特徴

      2 IPTVの技術動向と標準化政策


      2-1 IPTVの技術動向
      2-2 暗号化技術
      2-3 IPTVの標準化政策
       2-3-1 国際標準化の政策動向
       2-3-2 日本国内の標準化動向

      3 IPTVサービスのビジネス戦略分析


      3-1 バリューチェーン分析
      3-2 水平的な市場統合化の進展
      3-3 通信・放送の規制における違い
      3-4 IPTVサービスのビジネスモデル

      4 プレイヤーの動向分析


      4-1 コンテンツプロバイダの現況
      4-2 IPTVサービス事業者の動向分析
       4-2-1 BBTV
       4-2-2 ひかりone TVサービス
       4-2-3 ひかりTV
      4-3 ネットワークプロバイダの動向分析
       4-3-1 NTT東日本/西日本
       4-3-2 KDDI
       4-3-3 ソフトバンクBB
      4-4 メーカーの動向分析
       4-4-1 ソニー
       4-4-2 東芝
       4-4-3 NEC

      5 IPTV市場分析


      5-1 IPTVサービスの成長要因分析
       5-1-1 Positive Factors
       5-1-2 Negative Factors
      5-2 類似市場分析
      5-3 IPTV市場規模の予測

      6 結論


      6-1 IPTVの成功課題
      6-2 IPTVサービスの段階別発展展望

      7 Appendix


      放送コンテンツプロバイダ一覧 (2008年10月時点)

      【図目次】


      [図1-1] 映像コンテンツの種類
      [図2-1] IPTVサービス概要
      [図2-2] コンテンツ著作権保護の DRM構造
      [図2-3] IPTV標準化に向けた国内外の組織
      [図3-1] IPTVサービスのバリューチェーン分析
      [図3-2] 水平的な市場統合の進展
      [図3-3] IPTVサービスを巡るビジネスモデル
      [図4-1] BBTV画面イメージ
      [図4-2] ひかりone TVサービスの接続方法イメージ
      [図4-3] ひかりTV画面イメージ
      [図4-4] ソニーのネットワークTVボックス
      [図4-5] 東芝の 「REGZA」 Z7000
      [図4-6] 「コンテンツ・レコメンデーション」 サービス
      [図5-1] 日本におけるFTTH契約件数の成長予測 (2008~2012年)
      [図5-2] NHKオンデマンド
      [図5-3] 日本におけるCATVの契約件数の推移 (2002~2006年)
      [図5-4] 日本におけるIPTV契約件数の成長予測 (2008~2012年)
      [図6-1] TVの進化過程
      [図6-2] IPTVの3段階の発展方向

      【表目次】


      [表1-1] IPTVサービスの分類
      [表1-2] 日本のIPTV (狭義) 市場現況
      [表1-3] IPTVの登場背景
      [表1-4] IPTVの特徴
      [表2-1] ITU-T IPTV FGの案件
      [表3-1] 通信と放送の規制の違い
      [表3-2] IPTVビジネスモデルの特徴
      [表5-1] 日本におけるIPTV契約件数の市場予測 (2008~2012年)

    商品名
    日本IPTVサービスの市場展望
    発刊
    2008年12月
    発行
    株式会社 ROA Group
    調査
    株式会社 ROA Group
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    A4判 60ページ
    販売価格

    報告書 [印刷版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書 [PDF版]
    102,600 円 (税抜 95,000 円+消費税 7,600 円)
    報告書セット [PDF版+印刷版]
    105,840 円 (税抜 98,000 円+消費税 7,840 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる


    オススメ商品

    日本テレマティクス市場展望

    日本テレマティクス市場展望

    価格(税込) 102,600~105,840 円

    日本モバイルIP電話サービスの展望

    日本モバイルIP電話サービスの展望

    価格(税込) 102,600~105,840 円

    日本VoIPサービスの現況と今後の市場予測

    日本VoIPサービスの現況と今後の市場予測

    価格(税込) 102,600~105,840 円

    モバイルデジタルサイネージの展望

    モバイルデジタルサイネージの展望

    価格(税込) 102,600~105,840 円

    国内外モバイル広告市場の現況と展望

    国内外モバイル広告市場の現況と展望

    価格(税込) 102,600~105,840 円


    このページのTOPへ