リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

急速に成長するインドネシアの移動体通信市場

インドネシア携帯電話市場, インドネシア移動体通信市場, インドネシア携帯加入者数推移, インドネシア通信市場, インドネシア通信キャリア, インドネシアIndosat, インドネシアMobile-8, インドネシアTelkom, インドネシアBakrie

急速に成長するインドネシアの移動体通信市場

Clip!

~ 2010年に加入者数1億3,300万に成長が見込まれるインドネシア移動体通信市場を探る!中国、インドに次いで巨大化の可能性を秘めるインドネシアの移動体通信市場を徹底分析 ~

商品コード: ROA00011

【資料概要】


市場環境・政府規制・政策・各キャリア戦略分析からインドネシアの携帯電話市場規模を予測!


本レポート 『急速に成長するインドネシアの移動体通信市場』 は、最近急速な成長が見られるインドネシアの移動体通信市場の規模を予測することを中心とした内容で、今後3年間の市場規模を予測することに焦点を合わせて研究・分析を行なっています。


過去の市場規模データの時系列分析と同時に、現在及び今後の市場環境、政府規制、政策、技術の発展、各キャリアの戦略を中心に、市場が拡大していく要素を分析し、市場推移を予測しています。

▼ 『急速に成長するインドネシアの移動体通信市場』 エグゼクティブサマリー


インドネシアの通信市場においては、今まで多くの人々が広い国土に散在している群島国家であるという弱点が市場の成長を邪魔する要因となっていた。しかし逆に言えば、このような弱点を克服するためのさまざまな技術やサービスが出てくる環境であるともいえよう。現在のインドネシアにおける通信市場は目覚しい発展を遂げており、経済発展及び政府による競争原理の構築により、今後最も注目される産業になると予想される。


インドネシアの移動体通信サービスの加入者は、2006年末時点で6,800万人規模となっており、2007年も引き続き成長を続け、9,470万人まで拡大すると予想される。その後、年平均成長率 (CAGR) は18%ほどで推移するとみられる。2010年には人口が2億5,000万人に拡大すると予想されるが、その時には人口の約50%に該当する1億3,300万人が移動体通信サービスに加入するとみられる。まさに、アジアの中でも中国、インドに次ぐ巨大市場になっていくと予想される。


[図] インドネシアの移動体通信加入者規模の予測 (2002年~2010年)
【図】インドネシアの移動体通信加入者規模の予測[急速に成長するインドネシアの移動体通信市場]


その成長背景としては、まず各通信キャリアの積極的なインフラ投資を通じて、サービス地域が急速に拡大すると見込まれている点が挙げられる。特に、成長市場にもかかわらず一部のキャリアが積極的な料金プラン戦略を推進しているため、低所得者層へも急速に普及していくと予想される。また、政府がキャリア間の競争を活発化させる政策を推進しており、今後海外資本の流入と相まって、引き続き市場の成長を後押しすることが予想される。特に、全国サービスのための事業権を獲得した各キャリアが中心となって、ジャカルタ等の大都市を中心にサービスを行なっており、これらの地域は全国へと急速に広がっていくことが予想される。今後、新規加入者は地域の小都市を中心に増加していくと予測される。


大都市では、総合通信キャリアであるTelkom及びIndosatが中心となって、パッケージ化したサービスを徐々に打ち出すと共に、同時に有無線統合事業も展開していくと予測される。特に2008年からこのようなサービスが続々と現れ、市場支配力を維持するための攻勢が激しくなると予想される。


一方、CDMAキャリアの中でも特に、Bakrie Telkom及びMobile-8は、強みである料金プランを前面に打ち出し、今後2~3年の間に新規加入者を取り込むため、ローエンド端末を市場へ送り込み、積極的にマーケティングを展開していくものと予想される。


※ 当報告書は、東南アジアの移動体通信市場を国別に分析するレポートのインドネシア編です。

▼ 資料目次


  ・ エグゼクティブサマリー

  1 インドネシアの市場環境


  1-1 インドネシアの経済環境
  1-2 人口及び所得増加
  1-3 海外投資環境の改善
  1-4 インドネシアの国自体のパワー不足

  2 インドネシア情報通信市場の概況と政策


  2-1 インドネシアにおける情報通信市場の概況
  2-2 通信産業の政策

  3 インドネシアの移動体通信市場


  3-1 インドネシアの通信市場の成長とその規模
  3-2 移動体通信市場の主要キャリアの分析
   3-2-1 GSMキャリアの分析
   3-2-2 CDMAキャリアの分析

  4 移動体通信市場への設備投資状況


  4-1 基地局 (BTS) 設置現況とその展望
  4-2 基地局 (BTS) の主な設備と市場動向
  4-3 移動体通信キャリア別のシステム

  5 インドネシアにおける移動体通信市場の予測及び結論


  5-1 インドネシアの移動体通信市場の加入者数規模の予測 (2007年~2010年)
  5-2 結論

  【図目次】


  [図1-1] インドネシアの人口規模とGDP成長率 (2001年~2006年)
  [図1-2] 2006年度上半期の対インドネシアの国別投資ランキング
  [図2-1] インドネシアの通信政策樹立団体及びそのプロセス
  [図2-2] Palapa Ring Network構築プログラム
  [図3-1] インドネシアの固定及び移動体通信加入者規模 (2001年~2006年)
  [図3-2] GSMキャリア別の加入者推移 (2005年、2006年)
  [図3-3] CDMAキャリア別の加入者推移 (2005年、2006年)
  [図5-1] インドネシアの移動体通信市場の加入者規模の予測 (2007年~2010年)

  【表目次】


  [表3-1] インドネシア通信産業の構造及び競争現況
  [表3-2] インドネシアの各通信キャリアの持ち株保有構成
  [表3-3] Indosatのマーケティング活動
  [表3-4] 通信キャリア別の固定無線電話 (WLL CDMA) サービス開始時期と事業権の現況
  [表3-5] Mobile-8の料金プラン (2007年3月以降)
  [表4-1] インドネシアの通信キャリア別の基地局の設置現況
  [表4-2] インドネシアの移動体通信キャリア別のシステム
  [表5-1] インドネシアの移動体通信市場を予測する上での前提事項

商品名
急速に成長するインドネシアの移動体通信市場
発刊
2007年09月
発行
株式会社 ROA Group
調査
株式会社 ROA Group
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 44ページ
販売価格

報告書 [印刷版]
75,600 円 (税抜 70,000 円+消費税 5,600 円)
報告書 [PDF版]
75,600 円 (税抜 70,000 円+消費税 5,600 円)
報告書セット [PDF版+印刷版]
78,840 円 (税抜 73,000 円+消費税 5,840 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ