リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

アジアの企業戦略分析シリーズ シャープ編

シャープ企業分析, シャープ業界シェア, シャープ商品構成, シャープ企業戦略, シャープ成功戦略, シャープスパイラル戦略

アジアの企業戦略分析シリーズ シャープ編

Clip!

~ スパイラル戦略に見る競争力分析 ~

商品コード: ROA00004

【資料概要】


圧倒的なブランド力を誇るシャープの経営構造、企業精神を探るレポート!


本シリーズ 『アジアの企業戦略分析シリーズ』 はアジアの注目すべきIT、通信関連企業を1社ずつ選定し、その戦略を多角的に検証するレポートである。


第一段階 - 第三段階の一部までのデータは対象企業のIR資料、その他の公式データ、証券会社などの分析結果などを基に作成されており、第三段階の一部から最終段階まではROA Group独自の分析手法で構成されている。

▼ 『アジアの企業戦略分析シリーズ シャープ編』 エグゼクティブサマリー


1-1 レポートガイドライン


日本企業の第1弾は、日本を代表する製造メーカー大手のシャープ株式会社である。2000年当初の日本の景気低迷の中、同社は液晶技術を武器に市場を席巻し、大手家電メーカーやエレクトロニクス企業が業績低迷に喘ぐ中で驚異の二桁成長率を実現し、そのままの勢いで現在に至る。その同社の成功は、日本IT市場の大きな 「謎」 だと語り継がれる一方、デバイス市場で展開する同社のしたたかな戦略には、そういう世迷言を一掃するだけの明らかなヒントが垣間見える。例えば以下の点である。


・ アイデア性の高いユニークなデバイスを市場投入
・ 分散型生産が定着する家電業界において、国内に一貫生産型の巨大工場を建設
・ モノづくりにこだわる技術力


これらのポイントは、しかしながらシャープという一風変わった日本企業を詳細に分析すれば、すべて合点がいくことである。アイデア性の高いユニークなデバイスを市場に投入できるのは、製造メーカーでありながら消費者に近い位置で市場を的確に把握する同社の姿勢がうかがえ、そのアイデアを実現するための組織横断的なチームワーク (スパイラル戦略) の存在が挙げられる。国内に巨大な亀山工場を建設したのも、大型液晶パネルという特殊なデバイスをいち早く製品化して市場投入しつつ、一方で生産ライン管理の簡素化や知的財産保護の点からも最善の方法であることに気が付く。しかも、液晶から一貫生産でTV製品まで作り上げてしまうことで、「亀山モデル」 というブランドの副産物まで手に入れた。モノづくりにこだわるその技術力は、それを可能にしている同社のオンリーワンを目指す社風と組織体制に寄与するところが非常に大きい。


まさにこれらの特色を考慮すると、シャープという企業のユニークさは同社が目指す 「オンリーワン企業」 の理念に合致しているように思う。だからこそ、競合他社の業績が振るわない中、売り上げの驚異的な伸びもさることながら、その確実な純利益増が戦略の成功を物語っているといえる。


ただし、シャープの中・長期的な将来性はどうであろうか。液晶が最大のコアコンピタンスである同社にとって、FPD市場という巨大な海原に製品を投入し続けることだけが戦略であるならば、あまりにも市場頼みと言わねばなるまい。技術革新が目覚ましいFPD市場が、向こう10年間も液晶TVをキラー製品として受け入れてくれるかどうかは不確定要素と言わざるを得ない。同社の次世代戦略こそが、今後の持続可能な成長の鍵となるであろう。


1-2 評価基準


本シリーズでアジアの注目すべきIT、通信関連企業を分析するにあたっては、最終的に左図の項目について包括的に体系化することを目的としている。以下、各項目の評価基準を述べる。


情報開示性・株主利益 :
情報開示性が高く株主利益を優先している場合は[5]、配当や情報開示もなく株主を軽視している場合は[1]


財務諸表 :
財務諸表の内容が良好な場合は[5]、悪い場合は[1]


人事・組織・社風 :
組織人事体系や社風にこだわらず、目標達成のために機能的かつ効率的であれば[5]、体系的な制度が曖昧であれば[1]


企業ブランド力 :
ブランド価値が製品・サービスに好影響がある場合は[5]、影響が少ない場合は[1]


市場浸透性・国際性 :
主力商品・サービスの市場(国際)シェアが高い場合は[5]、ニッチ市場に特化している場合は[1]


差別化 :
主力商品・サービスに高い差別化がみられる場合は[5]、他社と類似しながらコスト戦略重視の場合は[1]


外部・市場要因 :
他社の参入動向や市場の経済性、サプライヤーやバイヤーとの力関係など、外部要因で有利な場合は[5]、不利な場合は[1]


コアコンピタンス :
対象企業の競争優位点が明確であり他社より優れている場合は[5]、優位性が弱っている場合は[1]


ビジネス戦略 :
現在および将来にわたるビジネス戦略が優れている場合は[5]、見通しが不明瞭な場合は[1]


[図] 企業評価シート
【図】企業評価シート[アジアの企業戦略分析シリーズ シャープ編]


1-3 分析方法


本レポートは前ページの分析項目を評価するために、調査分析手順を左図の5段階に分類した。まず第一段階では対象企業の現況や情報開示性を商品構成や組織図、関連会社などから把握する。


第二段階では近年における財務状況 (主要部門の売上、コスト、収益性など) を分析し、第三段階で商品/サービス別の特性やポジショニングなどを整理する。


これらの基本情報を基に対象企業の内部要因であるコアコンピタンスを抽出し、最終的に外部要因を分析して定量的なSWOT分析の算出に落とし込む。また、TOWSマトリクスを通して現在および将来の戦略について分析し、対象会社の将来優位性や今後の方向性を把握するとともに、ROA Groupが考える企業分析の基準項目に対して定量的な最終評価を加える。


なお、本レポートの第一段階-第三段階の一部までのデータは対象企業のIR資料、その他の公式データ、証券会社などの分析結果などを基に作成されており、第三段階の一部から最終段階まではROA Group独自の分析手法で構成されている。


[図] 企業分析方法概念図
【図】企業分析方法概念図[アジアの企業戦略分析シリーズ シャープ編]

▼ 資料目次
  1 エグゼクティブサマリー


  1-1 レポートガイドライン
  1-2 評価基準
  1-3 分析方法

  2 基本情報


  2-1 一般情報
  2-2 主要事業及び商品構成
  2-3 組織図
  2-4 国内・国外の子会社
   2-4-1 国内の子会社
   2-4-2 国外の子会社
  2-5 モノづくりの企業理念と企業風土

  3 財務現況の分析


  3-1 売上高及び利益の推移
  3-2 設備投資及び研究開発費
  3-3 主要事業部門別の収益分析
  3-4 海外部門の収益分析
   3-4-1 海外部門の収益分析
   3-4-2 海外部門の売上高分析
  3-5 収益性の分析
  3-6 株主構成

  4 製品/サービスのポートフォリオ分析


  4-1 市場の発展度別成長戦略マップへの個別事業のプロット
  4-2 BCGマトリクスにみる液晶事業への集中戦略
  4-3 差別化に徹底する商品戦略ポジショニング
  4-4 アンゾフマトリクスにみる移行戦略

  5 コアコンピタンス分析


  5-1 コアコンピタンスの全体像
  5-2 技術開発特化型の人事制度
  5-3 スパイラル戦略
  5-4 垂直統合型 - 亀山工場
  5-5 ブランド維持のための知的財産戦略
  5-6 お客様第一主義とグローバルSCM

  6 SWOT分析


  6-1 外部競争要因
  6-2 IFAS/EFAS
    (Internal Factors Analysis Summary / External Factors Analysis Summary)
   6-2-1 IFAS
   6-2-2 EFAS
  6-3 TOWSマトリクス
  6-4 戦略ポジショニング

  7 最終分析


  7-1 シャープの分析評価

  【表目次】


  [表 1] シャープ商品開発史
  [表 2] 事業別の商品構成マトリクスの分類体系
  [表 3] シャープの事業別商品構成マトリクス
  [表 4] 近年の組織改編動向
  [表 5] 国内連結対象子会社の一覧
  [表 6] 国外連結対象子会社の一覧
  [表 7] シャープの収益性
  [表 8] シャープの2007年度業績見通し
  [表 9] 市場発展度別成長戦略マップ
  [表10] 主力製品
  [表11] SWOT分析-IFAS
  [表12] SWOT分析-EFAS
  [表13] TOWSマトリクス
  [表14] 戦略ポジショニング

  【図目次】


  [図 1] 企業評価シート
  [図 2] 企業分析方法概念図
  [図 3] シャープ株式会社亀山工場写真
  [図 4] シャープ組織図
  [図 5] 国内連結対象子会社の所在場所
  [図 6] 国外連結対象子会社の所在場所
  [図 7] 経営理念の概念図
  [図 8] 売上高および純利益の推移
  [図 9] 設備投資と研究開発費の推移
  [図10] 部門別収益の推移
  [図11] 海外地域別売上比率(2006年度)
  [図12] 部門別海外売上高の推移
  [図13] シャープの株主構成
  [図14] 市場の成長性と現段階
  [図15] BCGマトリクス図
  [図16] シャープの戦略ポジショニングマップ
  [図17] シャープのアンゾフマトリクス
  [図18] コアコンピタンスの全体像
  [図19] オンリーワン商品を生み出す組織制度
  [図20] スパイラル戦略概念図
  [図21] スパイラル戦略上の商品マッピング
  [図22] シャープの垂直統合型一貫生産
  [図23] 知財権戦略概念図
  [図24] CS戦略およびSCM戦略
  [図25] 5つの競争要因
  [図26] シャープの最終企業評価

商品名
アジアの企業戦略分析シリーズ シャープ編
発刊
2007年05月
発行
株式会社 ROA Group
調査
株式会社 ROA Group
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 49ページ
販売価格

報告書 [印刷版]
75,600 円 (税抜 70,000 円+消費税 5,600 円)
報告書 [PDF版]
75,600 円 (税抜 70,000 円+消費税 5,600 円)
報告書セット [PDF版+印刷版]
78,840 円 (税抜 73,000 円+消費税 5,840 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ