リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

グループ・ディスカッション調査マニュアル

グループインタビュー調査, グループインタビュー実施方法, グループインタビューマニュアル, グルインマニュアル, 定性調査手法, グループ・ディスカッション調査マニュアル

グループ・ディスカッション調査マニュアル

Clip!

~ 「自主的な発言を言える環境作りと発言を促すインタビュー技術、発言から深層心理を読み取る技術」にフォーカス! ~

商品コード: MDB00002

【資料概要】


グループ・インタビュー調査を実施している調査機関・企業のリサーチャー他、調査主体・発注者必携の一冊!


新商品開発や新サービス開発プロセスにおけるマーケティング調査において、消費者心理を探り、"なぜ?" を解明する調査手法として 「グループ・インタビュー調査」 が広く普及・定着しています。


一方で、調査品質にバラツキがあったり、数名の参加者を招集し、司会者主導による単なる話し合いを、グループ・インタビュー調査と称して実施している、という指摘も少なくありません。改めてグループ・インタビュー調査の本質や有効性を学ぶことが重要といえます。


本書 『グループ・ディスカッション調査マニュアル』 は、「自主的な発言を言える環境作りと発言を促すインタビュー技術、発言から深層心理を読み取る技術」 にフォーカスし、グループ・ダイナミックスに基づくディスカッションを実践するためのマニュアルです。グループ・インタビュー調査を実施している調査機関・企業のリサーチャー及びグループ・インタビュー調査を活用している企業の調査担当者、大学および教育関係者など多くの方々に活用いただける一冊です。

▼ 資料目次
  序章


  グループ・ディスカッション調査の理論的背景
   ・ グループ・ディスカッション調査とは
   ・ 変容しつつある最近の調査環境


  グループ・ディスカッション調査技術の理論
   ・ グループ・ディスカッション調査の定義と目的
   ・ グループ・ディスカッション調査の基本はこころの関係
   ・ グループ・ディスカッション調査の必要性
   ・ グループ・ディスカッション調査の最近の傾向

  第1章 : グループ・ディスカッション調査の理論編


  商品開発のためのグループ・ディスカッション調査
   ・ 商品開発は生活者との共同作業-売れる商品作りの条件


  グループ・ディスカッション調査の手法とモデレータに求められる技術
   ・ 二つの手法
   ・ 手法別、求められるモデレーション技術

  第2章 : グループ・ディスカッション調査の実践編


  企業の調査会社へのグループ・ディスカッション調査発注
   ・ 調査会社へのオリエンテーション項目と留意点


  オリエンテーションの実施


  グループ・ディスカッション調査の調査企画書作成と留意点
   ・ 「調査企画書」 の始まり
   ・ オリエンテーションで理解すべき事


  グループ・ディスカッション調査発注書と調査受託契約書
   ・ 依頼企業の調査会社への調査発注書
   ・ 依頼企業への調査受託契約書


  グループ・ディスカッション調査の実施準備
   ・ ディスカッション準備の全体像
   ・ ディスカッション・フローの作成と留意点
   ・ 対象者条件の設定とスクリーニング
   ・ バックヤードへの指示と協力関係
   ・ 最終確認


  商品開発のためのグループ・ディスカッション調査の場合
   ・ 新商品コンセプト調査の特徴 「ホンネを確認する調査」
   ・ コンセプトの作成

  第3章 : グループ・ディスカッション調査の技術編


  グループ・ディスカッション調査の技術
   ・ グループ・ディスカッション調査技術について
   ・ モデレータの役割と意味


  グループ・ディスカッションの進行とモデレータの技術理論
   ・ ディスカッション開始前のチェック
   ・ 導入の挨拶と導入技術
   ・ ディスカッションの前半の技術
   ・ 話題を転換する技術
   ・ ディスカッション後半の技術
   ・ グループ・ディスカッション調査終了技術

  第4章 : グループ・ディスカッション調査の詳細技術編


  モデレータに求められるテクニック
   ・ モデレータの心得
   ・ モデレーション技術の段階別心得
   ・ ゼネラル・ディスカッションの進め方
   ・ ディスカッションの話題の転換を図る
   ・ フォーカス・ディスカッションへの導入
   ・ フォーカス・ディスカッションで製品説明書に関する質問を深める


  スクリプト (発言記録) 作成のテクニック
   ・ モデレータと綿密な打合せを
   ・ 記録の方法を打ち合わせる
   ・ 音声を正確に理解・把握する
   ・ スクリプトはグループ・ダイナミックスを
   ・ スクリプトで重要なこと

  第5章 : グループ・ディスカッション調査の結果報告と活用編


  グループ・ディスカッション調査報告書の書き方
   ・ 報告書のスタイルと種類
   ・ 報告書作成のための予備知識
   ・ 報告書作成の素材


  グループ・ディスカッション調査結果報告書-プレゼンテーション
   ・ プレゼンテーションとは何か
   ・ プレゼンテーションのための準備
   ・ 説明会の初め-挨拶と概要の説明
   ・ 話し手と話し方の魅力のアピール
   ・ プレゼンテーションの動作-アクション
   ・ 聞き手に理解させ、説得する技術
   ・ 提言の説明
   ・ 聞き手からの質問の受け方と答え方
   ・ 万事休すの対処の仕方
   ・ プレゼンテーションの成功裏に終わらせるための心構え

  第6章 : グループ・ディスカッション調査の調査技術の応用


  医療領域でのグループ・ディスカッション調査実施
   ・ 実施分野と想定されるテーマ
   ・ 実施の留意点
   ・ 農業・農産物領域でのグループ・ディスカッション調査実施
   ・ 新規事業展開へのグループ・ディスカッション調査応用
   ・ 計画案の評価と改善のための検討

  【附記】


  個人情報保護法とは
   ・ 個人情報保護法施行の背景
  個人情報とは
  個人情報保護法が要求する5つのポイント
  個人情報取扱業者とは
  規制を受けない個人情報の取得と利用
  機微な情報
  個人情報保護法に違反した場合の罰則
  調査と個人情報保護法
   ・ 調査対象者との信頼関係
   ・ 調査と個人情報の関係
  個人情報保護法に基づくグループ・ディスカッション調査実施までの留意点
   ・ 事前準備における個人情報保護法の留意点
   ・ 個人情報の匿名性における留意点
   ・ 個人情報の提供
   ・ クライアントとの個人情報取り扱いに関する契約の締結
   ・ グループ・ディスカッションの観察
  関連書式一覧表/雛型

商品名
グループ・ディスカッション調査マニュアル
発刊
2005年06月
発行
株式会社 日本能率協会総合研究所
編集
株式会社 日本能率協会総合研究所
著者
内田 耀一
販売
PLANiDEA SurveyReport運営事務局
判型
A4判 330ページ
販売価格

報告書 [製本版]
41,040 円 (税抜 38,000 円+消費税 3,040 円)
※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

納品形態
個  数

カゴに入れる



このページのTOPへ