「くすり情報検索サイト/ジェネリック医薬品の利用」 に関するアンケート調査 / 業界動向・市場分析・消費者調査~マーケティングデータ&業界分析レポートSurveyReport

リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

「くすり情報検索サイト/ジェネリック医薬品の利用」 に関するアンケート調査

ジェネリック医薬品, ジェネリック医薬品市場, くすり情報検索サイト, 医薬品利用実態, おくすり110番, おくすりナビ, gooヘルスケア

「くすり情報検索サイト/ジェネリック医薬品の利用」 に関するアンケート調査

Clip!

~ - 医療制度改革に向け、一般生活者のくすりに関する情報収集手段、ジェネリック医薬品使用に関する実態・意識を調査 - ~

「くすり情報検索サイト/ジェネリック医薬品の利用」 に関するアンケート調査

「くすり情報検索サイト/ジェネリック医薬品の利用」 に関するアンケート調査

  • 2人に1人以上が 「くすりに関する情報を自ら調べたことがある」 と回答。
  • くすり情報検索サイトの認知・アクセス経験上位は、「おくすり110番」 「おくすりナビ」 「goo ヘルスケア」
  • ジェネリック医薬品の認知度 90%、利用意向 67.5%に。
  • ジェネリック医薬品の認知経路は 「医師」 「テレビCM」 「新聞記事または報道番組」が上位に。
  • 今後の情報収集手段の利用意向は 「インターネット」 が65.7%を占め、「医師」「薬剤師」 を上回る。
  • 商品コード: LVD00005

    【調査背景】


    近年の厚生労働省による発表では、医療費のかさむ高齢者の増加や、医療技術の高度化で1人あたりにかかる費用が増え、年間の医療費が過去最高額を更新し続けており、今後も国家予算における医療費負担は増加傾向と予測されています。


    医療制度改革の基本的な方向性については、『医療制度構造改革試案』 により、予防重視、医療の質の向上・効率化のための新たな取り組みや、高齢者負担の見直しなど、医療費を抑制しようとする厚生労働省案が報道されています。その一方で、社会保障制度の崩壊を危惧する指摘が民間から出ており、医療制度改革は容易ではない現状です。


    医療費抑制の一施策としてジェネリック(後発医薬品)使用が推進されるなどの施策が進められる中、一般生活者は、くすりに関する情報をどのように収集し(経路)、また、ジェネリック医薬品の使用についてどのような意識を持っているのでしょうか。これらの実態について独自企画により調査した結果を発表いたします。

    【調査概要】


    ▼ 調査方法
     インターネットリサーチ


    ▼ 調査対象
     livedoor リサーチアンケートモニター [全国エリア20代以上の男女]


    ▼ 調査期間
     2007年3月22日(木) から 2007年3月27日(火)


    ▼ 有効回答数
     2,801件 (うち 医療関連従事者 105件)


     ▽ 回答者分布
    [性別] 男性52.2% 女性47.8%   
    [年代] 20代16.0% 30代38.3% 40代30.9%
    50代11.1% 60代以上3.8%


    ▼ 調査項目


     [一般生活者向け設問]
      01. この1年間の医薬品の利用有無・入手ルート
      02. 医薬品について書籍またはウェブサイトで調べた経験
      03. 医薬品についての情報を調べた理由・きっかけ
      04. 認知・アクセス経験のある医薬品情報サイト
      05. ジェネリック医薬品の認知
      06. ジェネリック医薬品の使用経験
      07. ジェネリック医薬品使用のきっかけ (認知経路)
      08. 今後のジェネリック医薬品使用意向
      09. ジェネリック医薬品を使用したいと思わない理由
      10. 医薬品についての情報収集手段の利用意向


     [医療関連従事者向け設問]
      01. アクセス経験のある一般生活者向け医薬品情報サイト
      02. 信頼・評価できる一般生活者向け医薬品情報サイト
      03. 一般生活者向け医薬品情報サイトにおける掲載情報の誤り・不適切な表現について
      04. 処方薬について患者から質問・相談を受けた経験有無
      05. 患者自身が医薬品情報を自ら調べることに対する考え
      06. 患者自身が医薬品情報を調べる際に注意すべき点 (アドバイス)


     [属性] : 性別 / 年代 / 都道府県 / 職業 / 未既婚 / 子供の有無

    【調査結果一部紹介】

    2人に1人以上が 「自分でくすりについて調べたことがある」 と回答 (52.7%)


    医療関連従事者を除く 2,696名に、これまでに薬について書籍またはウェブサイトで調べたことがあるか否かをたずねたところ、「調べたことはない」 (47.3%) を除く 52.7% の回答者が 「くすりについて調べたことがある」 という結果となった。


    参考 : この1年ほどの間に、「医薬品を使用していない」 と回答したのはわずか9.9%にとどまる結果が出ており、90%以上の一般生活者が処方薬・市販薬を含め、何らかの形で医薬品を服用していることが今回の調査結果で判明している。

    くすり情報検索サイトの認知・アクセス経験 : 上位は、「おくすり110番」 「おくすりナビ」 「goo ヘルスケア」


    「くすりについて調べたことがある」 と回答した1,420名に 「名前を聞いたことがある・知っているサイト」 「アクセスしたことのあるサイト」 をそれぞれたずねた結果、「おくすり110番」(認知: 43.7%、アクセス経験: 33.5%) 「おくすりナビ」(同: 34.5%、アクセス経験: 25.4%) 「goo ヘルスケア」(同: 28.0%、アクセス経験: 19.2%) の3サイトが、認知・アクセス経験共に上位を占める結果となった。


    [ くすりについて調べたことがある回答者(n=1,420)を対象に、複数選択式設問で質問した結果 ]

    情報収集手段 : 今後の利用意向は、インターネット上のくすりに関するサイト(65.7%)が医師(55.0%)・薬剤師(42.8%)を上回る結果に


    自身または家族が服用する医薬品について、どのように情報収集したいか、その意向をたずねた結果、「インターネットで自分で調べる (薬に関するサイトで)」 が最も高い比率 (65.7%) を占め、「医師に相談する」(55.0%)、「処方箋薬局の薬剤師に相談する」 (42.8%)を上回る結果となった。


    「医療関連の書籍や辞典を使い自分で調べる (図書館の利用を含む)」 はわずか15.1%にとどまり、医薬品情報の収集におけるインターネットの活用が主流になりつつあることを見て取れる。 また、「同じ病気にかかったことのある人に相談する」 という意見が13.8% の比率で出現している。


    [ 医療関連従事者を除く回答者(n=2,696)を対象に、複数選択式設問で質問した結果 ]

    ジェネリック医薬品 : 「認知度」 は 90%の高さ。「使用経験者比率」 12. 3%、「今後の使用意向あり」 67.5%。


    医療関連従事者を除く 2,696名に、「『ジェネリック医薬品』 という言葉を聞いたこと」 があるか否かをたずねた結果、「内容まである程度詳しく知っている」 (54.6%)、「聞いたことはあるが、詳しくは知らない」 (36.0%) を合わせた約90% の一般生活者に認知が浸透していることが判明。


    一方、使用経験については、実際に 「使用したことがある」 人が 8人に1人程度(12.3%) と低水準にとどまる現状ではあるものの、今後の使用意向については 「使用したいと思う」 (67.5%) という回答が高い比率を占める結果に。 「使用したいとは思わない」 という意見は、わずか 5.6% にとどまった。


    [ 医療関連従事者を除く回答者(n=2,696)を対象に、単一選択式設問で質問した結果。その他に「わからない」26.8% ]

    ジェネリック医薬品の認知経路は 「医師」 37.7%、「テレビCM」 27.1%、「新聞記事または報道番組」 22.6%、「薬剤師」 22.0%、「病院・薬局のお知らせやチラシ」 21.1%


    ジェネリック医薬品の使用経験があると回答した対象者 (n=332) に、「ジェネリック医薬品を使用するきっかけとなったもの」 をたずねたところ、「医師に勧められて」 37.7%、「薬剤師に勧められて」 22.0% と順当な経路に加え、「テレビCMを見て」27.1%、「新聞記事または報道番組を見て」 22.6%、「病院・薬局のお知らせやチラシを見て」 21.1% という結果が出ており、広報活動の効果が出始めていることをうかがえる。


    一方、インターネット経由による認知はいずれも3~5%程度にとどまっており、医薬品の情報収集経路として利用意向が高いインターネットを活用した広報活動も、今後期待されるところである。


    [ ジェネリック医薬品の使用経験がある回答者 (n=332)を対象に、複数選択式設問で質問した結果]

    「患者自身が独自に薬の情報を調べる際の注意すべき点」 とは? 専門家からのアドバイスを一部ご紹介。


    医療関連従事者 (n=105 / 医師・看護師・薬剤師 他) を対象に、 「これまでに、患者自身が独自に調べた処方薬の情報について、患者から質問・相談などを受けたこと」 があるかないをたずねたところ、「ある」 と回答した比率が47.6% という結果が出ている。 また、「患者自身が独自に薬の情報を調べる際の注意すべき点」 としてのアドバイスとして、下記の内容の回答を得ている。


    (以下、自由記述式回答結果を集約)


    ■ ポイント1
    情報の出典、誰(管理者)がどういう立場で何の目的のために書いた情報か、情報源は責任を持って発信しているものか、といった情報を見極めることと、一つの情報だけを100%鵜呑みにすることなく、何箇所か複数の情報を比較して、調べた情報が正しいかどうか判断した方が良い。 また、入手した情報はあくまで参考程度に考えた方が良い。情報を調べるのは良いことであるが、それをもとに自分で判断せず、医療者に相談してほしい。


    ■ ポイント2
    同じ病名であっても、個々人によってそれぞれ薬も治療法も異なるものであり、また、同じ治療をしたり同じ薬を飲んだりしても、個々人によって効力が違うということをしっかり認識して欲しい。また、患者は複数の病気を持っていることが多く、その中で兼ね合いをつけながら処方されているので、一つの薬の効能だけを取り上げて自分で判断をしないでほしい。


    ■ ポイント3
    副作用についての記載だけに注目して、自己判断で服用を中止しないこと。副作用かどうかについては、処方した医者と相談して服用を決めて欲しい。また、副作用については、過剰に神経質にならないこと、副作用など悪い面ばかり参考にしないこと。 さらには、処方された薬で自分の疾患を悪い方に思い込まないこと。


    ※ 今回の結果では、性別・婚姻状況別・子供の有無などの基本属性を分析軸として結果を俯瞰したところ、特定の設問において、顕著な差が出ていることがわかっている。


    ※ 上記の調査結果は、独自基準で回答データの精査を行った上での分析結果となります。ローデータの精査基準によっては、分析結果に差異が生じる可能性がありますことを、あらかじめご了承ください。

    商品名
    「くすり情報検索サイト/ジェネリック医薬品の利用」 に関するアンケート調査
    発刊
    2007年04月
    発行
    株式会社ライブドア
    調査
    株式会社ライブドア BizMarketing サーベイ
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    Microsoft社 Excel 形式ファイル
    備考
    当調査結果については、アンケート回答ローデータのみの販売となります
    ※ CSV形式(*.csv)をご希望の場合は、ご購入時に個別にご連絡ください。
    販売価格

    アンケート回答ローデータ
    32,400 円 (税抜 30,000 円+消費税 2,400 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ