リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート

マーケティング・レポート&データ、ビジネス資料のオンライン販売サイト
会員登録
検索条件

キーワード入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円
(送料を除く)

カゴの中を見る

商品カテゴリー
特集記事カテゴリー
Clip → My Clip 一覧
  • ご利用ガイド
  • 新着情報お知らせ配信登録/登録解除
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
ビジネスセミナー案内 »»» PLANiDEA オンラインストア
マーケティング発想支援 »»» PLANiDEA insight
PLANiDEA リサーチ&コンサルティング 総合案内
レポートを発行している方へ

[SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。

→ お問合せはこちらから

「防災に対する意識と被災経験」 についてのアンケート調査

防災意識, 地震防災, 地震対策, 被災経験, 地震被災アンケート, 被災アンケート, 地震対策アンケート

「防災に対する意識と被災経験」 についてのアンケート調査

Clip!

~ - 大震災などへの防災対策が各自治体や地域社会で進められる中、一般生活者の意識を調査 -  「災害時の家族の集合場所を決めている」 17%、「あらかじめ伝言方法を決めている」 8.9%。認知度低いPC/携帯電話の災害用伝言板。 ~

「防災に対する意識と被災経験」 についてのアンケート調査

「防災に対する意識と被災経験」 についてのアンケート調査

  • 最も恐ろしいと思う大地震の二次災害は 「街の広域にわたる大規模火災」 「建物の倒壊」 の順。
  • 大災害の被験者が実感した 「あってよかったもの」「なくて困ったもの」 の1位は共に 『水』
  • 「災害時の家族の集合場所を決めている」 17%、「あらかじめ伝言方法を決めている」 8.9%、いずれも低比率にとどまる結果に。
  • 10人中7人程度は広域避難場所を把握!
  • 発生前に地震が起こることがわかった場合、優先して行うことは『家にいる人に声をかける』(20.8%)!
  • 商品コード: LVD00004

    【調査背景】


    1995年1月17日に発生した「阪神・淡路大震災」から早11年 (調査時点)。2004年10月23日に発生した「新潟県中越地震」からも2年以上の時が経ちました。災害地もほぼ復興され、被害に遭わなかった人々の記憶は薄れつつあります。しかし、いつ起こるかわからない災害に対し防災が必要です。


    防災対策について、各自治体や地域社会での取り組みが進められてきている中で、一般生活者はどのような意識を持っているのでしょうか。また、実際に大災害を被験した方々は、どのような不便な思いをしたのでしょうか。


    今回のアンケートでは、防災に対する意識や、大災害経験からみえてくる必要な防災用品などを把握するアンケート調査を開催しました。

    【調査概要】


    ▼ 調査方法
     インターネットリサーチ


    ▼ 調査対象
     全国エリアの10~89歳の男女 (livedoorリサーチのアンケート専用登録会員)


    ▼ 調査期間
     2006年11月28日(火) から 2006年12月20日(水)


    ▼ 有効回答数
     1,040件 (うち大地震経験者 165件)


     ▽ 回答者分布

    [性別]男性54%女性46%  
    [年代] 10代6% 20代18% 30代36%
    40代27% 50代10% 60代以上3%


    ▼ 調査項目
     01. 現在住んでいる地域で考えられる災害
     02. 最も恐ろしい二次災害
     03. 広域避難場所の認知度
     04. 広域避難場所に行くまでの支障
     05. 災害の被害を最小限にくいとめる対策
     06. 備蓄している防災グッズ
     07. 災害経験の有無
     08. 災害時あってよかったもの
     09. 災害時なくて不便だったもの
     10. 災害時困ったこと
     11. 災害時に落ち合う方法を決めているか
     12. 災害時に電話が通じない場合の伝言方法をきめているか
     13. 12の具体的な伝言方法
     14. 伝言ダイヤル・伝言板の認知度
     15. 大地震の告知があったときに優先的にする行動


     [属性] : 性別 / 年代 / 都道府県 / 職業 / 未既婚 / 子供の有無

    【調査結果一部紹介】

     最も恐ろしいと思う大地震の二次災害は 「街の広域にわたる大規模火災」(24.7%)、続いて 『建物の倒壊』 (24.2%) の順に


    震度6以上の大地震が起きたときに、現在住んでいる住居や周辺環境で起こる可能性が高いと考えられる被害について、複数選択可能な設問形式でたずねたところ、『電気・ガス・水道などの停止』(81.4%)、『室内の家具などの転倒』(76.3%)、『建物の倒壊』(70.6%)が上位を占める結果となった。 一方、大地震の被害として 「最も恐ろしいと思う被害」 について、同じ選択肢を挙げて単一選択の設問形式でたずねた結果、『街の広域にわたる大規模火災』(24.7%)、『建物の倒壊』(24.2%)、『隣接する数件の建物の火災 (延焼)』(8.3%)となった。

     10人中7人程度は広域避難場所を把握


    近所の避難場所を把握している人は全体 (n=165)の70.3% と比較的高い比率であった。また、災害時に避難場所へ移動する際に考えられる支障について、複数選択可能な設問形式でたずねたところ、『パニックに陥った多くの避難者に巻き込まれる』(25.9%)、『建物やブロック塀 (へい) などの倒壊で道が通れなくなる』(24.6%)という結果になっている。『広域避難場所が遠すぎる』という回答が全体の14.6%を占める比率で存在している。

     大災害の被験者(n=165)が実感した「あってよかったもの」「なくて困ったもの」 の1位は共に 『水』


    大災害の被験者(n=165)に聞いた災害時に 「あってよかったもの」 の上位は『飲料水』(46.1%)、『保存食・非常食』(30.9%)、『携帯ラジオ』(27.9%) という結果に。また、「なくて不便だったもの」 の上位は『水』『トイレ』『電気』『ガス』とライフラインに集中する結果となった。

     「災害時の家族の集合場所を決めている」 17%、「あらかじめ伝言方法を決めている」 8.9%、いずれも低比率にとどまる結果に。


    大災害の被験者(n=165)のうち、41.8%の人が電話が通じず、家族の安否が確認できなかったことに困ったと回答している。一方、回答者全体(n=1,040)で見た場合、実際に災害時に集合場所を決めている人は全体の17%、電話が通じないときの伝言方法を決めている人はわずか8.9%にとどまる結果となった。
    また、『NTT 災害用伝言ダイヤル (171)』 は全体の 67.3% に認知されており、他の災害用伝言板サービスに比べ、最も認知されている伝言方法という結果が出ている。
    ( 『NTT 災害用ブロードバンド伝言板 (web171)』 11.3%、携帯電話各社 災害用伝言板 38.5% )

     発生前に地震が起こることがわかった場合、優先して行うことは『家にいる人に声をかける』(20.8%)


    震源に近い地震観測点で観測される初期微動(P波)の波形から到達時刻や震度を推定し、各地への到達時刻や震度を、いち早く予報する緊急地震速報。10秒前に大地震が告知されたら真っ先にする行動を1つだけ選んでもらう形式でたずねたところ、上位から 『家にいる人に声をかける』(20.8%)、『外に出る』(12.8%)、『玄関をあける』(12.0%) という結果になった。一方で、『何もできないと思う』という回答も13.7%を占める結果となった。


    ※ 上記の調査結果は、独自基準による回答データの精査を行った上での分析結果となります。ローデータの精査基準によっては、分析結果に差異が生じる可能性がありますことを、あらかじめご了承ください。

    商品名
    「防災に対する意識と被災経験」 についてのアンケート調査
    発刊
    2007年01月
    発行
    株式会社ライブドア
    調査
    株式会社ライブドア BizMarketing サーベイ
    販売
    PLANiDEA SurveyReport運営事務局
    判型
    Microsoft社 Excel 形式ファイル
    備考
    当調査結果については、アンケート回答ローデータのみの販売となります
    ※ CSV形式(*.csv)をご希望の場合は、ご購入時に個別にご連絡ください。
    販売価格

    アンケート回答ローデータ
    32,400 円 (税抜 30,000 円+消費税 2,400 円)
    ※ 当商品は、送料無料 でご提供いたします。

    納品形態
    個  数

    カゴに入れる



    このページのTOPへ